夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09172

工学の技術と人文・社会科学の知識を結びつけた防災計画を

復興を進めていく上で大切なこと

 東日本大震災の復興では、工学的な見地に人文・社会科学分野の知見を融合した発想が求められています。都市計画に従って、一見完成された街ができあがったとしても、住む人々の心や街の歴史、なじんだ文化などが無視されてしまえば、それは真に復興したとは言えません。心理学や社会学、地域史、文化史といった分野の専門的見地に基づいて、地域の実情をすくい上げ、研究者と地域が融合しながら奥行きのある立案をしていくのが理想です。また、行政側も、人や社会に優しい工学技術のことを理解してもらった上で、その技術を活用できる施策ができると、復興はスムーズになります。専門分野を横断したコミュニケーションが重要なのです。

「防災・減災・復興」のために

 技術でできる対策の範囲には限界があります。ですから防災では、どこまで防げるかを技術者が真摯に説明する必要があります。専門家ではない人に、現在の技術でできることを理解してもらうことが大事です。減災も同様に、科学的に被害の程度を予測する努力が前提で、その結果、被害を減じる方法を提案・証明してこその減災と言えます。不幸にも被災した人々は復興しなければなりません。集団移転をうながして防波堤をつくった後は自助努力で、というのではなく、人々が、その地域、社会で誇りを持って生きていく環境を整えていくことが大切です。さまざまな知識をリンクさせた「防災・減災・復興学」という新しい学問体系が求められます。

リーダーシップを取るのは?

 復興の現場で人文・社会・自然科学のさまざまな分野の専門家が集まった際に、誰がリーダーシップを取るかという問題が持ち上がります。土木分野の技術者・研究者ならば、基本的に現地に行って、現場を目で見て知っており、住んでいる人の顔も見ています。また、技術でできることの限界を説得力をもって語れるのも土木分野の経験があってこそです。土木工学を学んだ立場ならではのコーディネートができることによって、よきリーダーとなれるのです。

夢ナビライブ2018 仙台会場

アイコン

液状化はどうして起こる?

アイコン

土木プロジェクトと災害との戦い

アイコン

防災・減災・復興学とは?

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 土木工学

関東学院大学
理工学部 土木・都市防災コース 教授
規矩 大義 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 あなたは将来どんなふうに働きたいか夢を持っていますか? 具体的な職業というよりも、社会に対してどんなふうに貢献したいかを考えてみてください。例えば漠然と公務員になりたいと考えるよりも、自分が地域にどんなふうに、どんな形で役立ちたいかを考えた上で、そのための学びを深める方が好ましいはずです。
 今の自分に何ができるか、実力がどれくらいあるかにとらわれることはありません。あなたの望んだ社会をつくり、生き生きと働くのが豊かな人生と言えるでしょう。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から地図を眺めるのが好きでした。地図を通してあらゆる地形には理由があること、地震や津波、洪水、火山の噴火といった自然現象でできた地形も多いことを知り、地理や地学に興味を持ちました。大学では、地理や地学の延長線上にあり、自然を相手に社会インフラを構築する土木工学科を選びました。いくつかの地震被害の現場で調査する機会があり、地盤防災工学を専門にしようと決めました。特に地盤の液状化や、流動化の発生メカニズムの解明や対策について研究しています。人文・社会科学と融合した学際研究も始めています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁防災行政/官公庁土木技術/総合建設会社研究員/総合建設会社施工管理/コンサルタント会社技術士/コンサルタント会社技術開発/鉄道会社設計/プラントエンジニアリング会社設計

大学アイコン
規矩 大義 先生がいらっしゃる
関東学院大学に関心を持ったら

 1884年(明治17年)、関東学院は横浜山手に神学校として創立され、今年創立134年を迎えます。長い歴史と伝統をもつ関東学院はキリスト教の優れた思想、芸術、奉仕の精神を礎に、校訓「人になれ 奉仕せよ」のもと広く世の中に貢献できる学問・知識を身につけた有能な人材の育成を目指してきました。現在では、文理にわたる学部を擁する総合大学へと発展。伝統に裏打ちされたキャンパスライフサポート、学修サポート、キャリアサポートの3つのサポート体制で学生一人一人に合わせた支援をこれからも行っていきます。

TOPへもどる