夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08543

インターネット時代における、新たな「地域メディア」の役割とは?

注目されなかった地域メディア

 「メディア」と聞いてまず思い浮かべるのは、全国ネットのテレビやラジオ、全国紙の新聞など大規模なマスメディアでしょう。しかし、日本の全国各地には、それぞれの地域に根づいたテレビやラジオ、新聞などがあります。これらの地域メディアは、全国的なメディアに比べて圧倒的に小規模であり、メディア研究の分野でもあまり注目されてきませんでした。

独自の生き残り戦略

 日本では明治時代以降、さまざまなメディアが現れては、時代とともに成長・衰退してきました。このメディアの変遷を生き物の生態系のようにとらえる考え方を「メディア・エコロジー」と言います。メディア・エコロジーの視点で見ると、地域メディアは、全国的なメディアではかえって難しい、独自の役割を地域で果たして生き残ってきました。
 例えば、地域の新聞やテレビ・ラジオは、長年地元のニュースを取材し続けてきた経験を生かし、インターネットでも見つけるのが難しいような地域情報を発信しています。これは地域メディアならではの強みの1つです。また、地域メディアは、全国的なメディアに比べて各メディアが連携して、地域で起きている問題をニュースとして一時的に取り上げるだけでなく、問題の改善・解決まで主体的に関わっていくこともあります。

地域振興の主役になる?

 インターネットが普及して以降、地域メディアは大きく変わってきました。これまで地元の人々だけに発信していた情報を地域外の人々にも発信できるようになったのです。これにより、地域メディアが観光に果たす役割も大きくなりました。インターネットテレビやラジオを通じて、ご当地アイドルが全国のファンと交流したり、地元の高齢者がパーソナリティーとして活躍することもできるようになりました。また、就職や進学で地域外に出て行った地元出身者を故郷に呼び戻したり、ほかの地域からの移住者を増やしたりするのにも、地域外への情報発信が一役買っています。地域メディアには今後、地域振興の担い手としての役割も期待されているのです。

夢ナビライブ2018 東京会場

アイコン

メディアとは

アイコン

聖地巡礼とは

アイコン

地域メディアの種類と広がり

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 社会学、メディア学

目白大学
メディア学部 メディア学科 准教授
牛山 佳菜代 先生

メッセージ

 高校時代はいろいろなことに興味の幅を広げることが大切です。テレビ、映画、ゲーム、音楽、本などを通じて、興味の幅を広げてください。人は自分が知っていることにしか興味を持てません。また、学びの選択も自分が知っている範囲の中からしかできません。ですから、知っていることを増やせば、選択肢も広がります。
 そして、いろいろなことを体験してください。本を読んだり、ゲームをしたり、自分の街を歩いてみるのも1つの体験です。興味の幅を広げ、いろいろなことを体験した上で何を学びたいのかを考えれば、きっと後悔はしません。

先生の学問へのきっかけ

 幼い頃からテレビや新聞が好きで、小学生新聞の記者として取材した経験から、将来は新聞記者になりたいと思っていました。
 その後、メディアを通じて地域社会と関わる仕事がしたいと思うようになり、大学卒業後に地元のケーブルテレビ局に入社しました。そこで番組制作に関わったことで、「地域メディア論」に興味を持つようになりました。
 「なぜケーブルテレビはあまり世の中に知られていないんだろう」「メディアを活用して社会を元気にしていくためにはどうすればいいんだろう」と考え、本格的に研究をはじめました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

広告会社企画/マーケティング会社リサーチャー/番組制作会社映像制作/テレビ番組情報配信会社企画/食品会社企画営業/情報通信会社システムエンジニア/芸能プロダクションマネージャー/タレント

大学アイコン
牛山 佳菜代 先生がいらっしゃる
目白大学に関心を持ったら

 育てて送り出す―。本学はこの社会的使命を掲げ、多様に変化する現代社会を生き抜く人材育成を行っています。目白大学は平成6(1994)年の創設以来、社会の幅広い学究的要請に応える学問探求の場を提供しつつ、学部学科を増設し発展してきました。文系6学部を新宿キャンパス、医療・看護系の2学部を岩槻キャンパスに設置し、あわせて8学部17学科に約5,700余名が学んでいます。いずれのキャンパスも、豊かな緑と充実した施設設備で教育環境を整え、ひたむきな向学心と若い感性を育んでいます。

TOPへもどる