夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08010

人を幸せにする都市づくりビジネス、“スマートシティ”

そもそも、「スマートシティ」とは?

 「スマートシティ」という言葉を聞くと、日本では「IT技術によって便利になった先進的な都市」といったイメージを持つ人が多いかもしれません。また、この言葉自体が過去の流行語の一つのように思われているかもしれません。しかし、海外では2005年頃から、「よりよい形での都市づくり」を意味する言葉として、変わらずに用いられ今や巨大なビジネスに発展しています。

都市に匹敵する巨大施設、東京ディズニーリゾート

 千葉県浦安市にある東京ディズニーリゾートは、その膨大な来場者によって昼間の人口が約10万人にまで達する、巨大なアミューズメントパークです。国内の中規模都市に匹敵するこの施設を運営していくためには、それ自体を都市としてとらえ、スマートシティの考え方に基づいて構築し、管理・運用していく必要がありました。
 スマートシティにおいて必要な要素は大きく3つに分かれます。1つめは、計画と管理、環境への配慮、2つめは、交通や通信、水道、電力などのインフラやエネルギー、3つめは、人材育成や安全管理です。東京ディズニーリゾートでは、これらの3つの領域において、まさに都市づくりと同じ姿勢で網羅的に取り組んでいて、電力エネルギーの節約や各施設のマネジメント、来場者の安全管理、スタッフの育成、地球温暖化対策などに努めています。

力を出し合いながらゴールをめざす

 世界各国でのスマートシティに関わるビジネスは拡大し、巨大な市場を形成しています。ある特定の企業だけがもうかる構図ではなく、よりよい形での都市づくりのために明確に設定されたゴールに向かって、さまざまな企業や団体、人々が力を出し合っていくのが理想であり、それが地域に貢献するスマートシティの本来あるべき姿です。
 その場合、力を貸すのが無償のボランティアだけでは長続きしないので、ビジネスとして成立させることが不可欠になります。スマートシティは「人を幸せにするビジネスであるべきだ」とも言えるのです。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 都市創造学

亜細亜大学
都市創造学部 都市創造学科 教授
岡村 久和 先生

先生の著書
メッセージ

 私は世界中で、「スマートシティ」と呼ばれるまちづくりにたくさん取り組んできました。日本の30人ほどの小さな村から、アメリカのニューオーリンズのような都市まで、いろいろなプロジェクトを手がけてきました。
 将来を考えて、あなたにはどんどん世界に出ていってもらって、あなたの力も、日本の力も、世界で発揮できるようなお手伝いをしたいと思っています。大変楽しいわくわくする学問領域ですので、一緒にやっていきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 日本IBMに32年間勤務し、その間に世界各国でさまざまなビジネス、特に環境に関するビジネスや、「スマートシティ」と呼ばれる、「よりよい形での都市づくり」に関するさまざまなプロジェクトのリーダーでした。
 最近では瀬戸内市の日本最大太陽光発電施設建設や、ハリケーンで甚大な被害を受けたアメリカのニューオーリンズ市長の都市再生プロジェクト支援などにも参画しています。スマートシティは国や地域によってさまざまですが、世界中で巨大なビジネス産業になっています。だからこそ取り組みがいのある面白い学問領域です。

大学アイコン
岡村 久和 先生がいらっしゃる
亜細亜大学に関心を持ったら

 本学は未来に直結するグローバル人材育成をめざし、4学部(経営・経済・法・国際関係)の学部教育、国際教育、キャリアサポートの3本柱を軸とした教育体制を整えています。特に国際教育には力を注いでおり、目的に応じて選べる4つの留学プログラムを用意。また留学先も全19カ国・地域から選ぶことができます。
 また2016年4月には、「都市創造学部」が開設。人々と企業・行政・地域を結び、より豊かな都市を創造していくための力を身につける。また、約半年の海外留学を必修としており、グローバル人材の素養も身につけます。

TOPへもどる