夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07818

真のグローバルコミュニケーションに必要なものとは?

国際交流に必要な「言語」と「発音」

 世界の人々とグローバルなコミュニケーションをする上で、言語は最も重要な要素のひとつです。外国語を習得する場合、その言語を母語とするネイティブスピーカーの発音をマスターすることができれば、カジュアルな場面でもフォーマルな場面でも、その場で交わされる会話のニュアンスをより正確に、容易に理解できるようになります。

ネイティブの発音を身につけるために

 日本語を母語とする人々の多くは、英語の発音が苦手で、どうしても日本語のカタカナ的な発音に陥ってしまいがちです。英語のネイティブスピーカーに、より近い発音をマスターするには、とにかく何度もくりかえし練習することが不可欠です。メジャーリーグで長きにわたって活躍し続けているイチロー選手も、普段から何千、何万回も素振り練習をしてバッティングの技術を磨いています。発音の練習には、口や顔の筋肉をよく動かすマッスルトレーニングや、自分自身の英語の発音を録音して聞き直し、ネイティブスピーカーの発音と何が違うのかを確認して修正することが大切です。

異国を旅することで得られる経験と気づき

 グローバルコミュニケーションを学ぶ上で最も有益な方法は、ほかの国々を旅してみることです。思うように言葉が通じなくて、身振り手振りのジェスチャーで何とかやりとりすることもあるかもしれませんが、そうした経験をすれば、ジェスチャーもコミュニケーションに必要な「言語」のひとつであることが身をもってわかるはずです。旅をしながら日本とまったく異なる文化に身を浸す時間は、その国や人々に対する理解を自分自身の実体験に基づきながら深めていくことにつながります。
 そうしてさまざまな国の文化に触れ、人々との出会いや交流を積み重ねていくうちに、この世界のすべての国や人々は、必ずどこかに良い部分を持っているということに、きっと気づくはずです。どこの国が良いとか悪いとかではなく、ただそれぞれに「違い」があるだけなのです。

夢ナビライブ2018 東京会場

アイコン

ジェイソンの発音練習のコツ三か条

アイコン

発音の上達に必要なスキル

アイコン

発音練習をしてみよう

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 人間文化学

帝京平成大学
現代ライフ学部 人間文化学科 講師
ジェイソン・グディア 先生

メッセージ

 こんにちは。私は東京中野にある帝京平成大学の教師です。あなたもごぞんじのように世界はとても広いのです。私の大学では言葉とか文化とかたくさんのことを学ぶことができます。そして、それは将来の職業とか旅行にも役立ちます。私の大学であなたはたくさんのことを経験でき、また、未知の世界を知ることができます。そして、あなたは世界的視野を広めることができます。私自身、何年も前に日本に最初に来た時そうすることができました。さあ一緒に学びましょう。お待ちしています。

先生の学問へのきっかけ

 カナダの出身で、日本に来て10年以上経ちました。昔、カナダでの仕事があまり楽しくないと感じていた私は、1年間の滞在のつもりで日本に来ました。しかし、企業や大学で英語を教えるうちに、いつのまにか月日が過ぎてしまったのです。
 日本以外にも十数カ国を旅した経験があります。昔はとてもシャイだったのですが、異国を旅しながら、さまざまな出来事に遭遇し、現地の人々とのやりとりで苦労するうちに、コミュニケーションの方法も、自分自身のパーソナリティも、どんどんオープンになっていきました。

大学アイコン
ジェイソン・グディア 先生がいらっしゃる
帝京平成大学に関心を持ったら

 「実学の総合大学」、帝京平成大学。
 首都圏の4つのキャンパスには、あなたの学びたい思いに応える医療からグローバルまで5学部19学科の学びがあり、約10,000人の学生が学んでいます。各キャンパスではそれぞれ、地域の医療や暮らしに関する拠点となる施設・環境を整え、学びに応じた実学教育を展開。学生は実習を積み重ね、実践能力を身につけています。

TOPへもどる