夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07324

世界有数の技術やサービスを持つ日本の「中小企業」が熱い!

世界が認める日本の中小企業の技術

 中小企業は、大企業よりも劣ると思われがちですが、中には大企業に勝るとも劣らないすばらしい技術や製品を持つ中小企業があります。例えば、高い耐久性のあるネジ、高性能の船のスクリュー、世界最小の歯車など、ほかにないユニークな製品を開発したのは、日本の中小企業であり、そうした優れた製品は、世界の最先端の現場で利用されています。
 一方、世界的な知名度はないものの、私たちの周りにもユニークな製品やサービスを提供する中小企業はたくさんあります。ある作業工具のメーカーは、イメージキャラクターを組み合わせ、プラモデル愛好者とアニメ好きの若い世代の市場を開拓しています。また、ある過疎地域の企業は地元の葉っぱを和食の「つまもの」として商品化し、高齢者を活用し地域の活性化に寄与しています。

アイデアをビジネスにつなげる

 今日、資金調達や情報収集は以前に比べ困難ではなく、このように優れたアイデアや工夫があれば、中小企業や町のお店も大企業との競争や不景気に負けずに事業を展開していくことが可能となりました。アイデアをビジネスに結びつけやすい状況になっているのです。ただし、アイデアを持っているだけではだめで、アイデアを具体的な事業につなげるための「ビジネスプラン」が重要になります。また、パソコン一台でネットビジネスを簡単に始めることができますが、成功するためにはお客さんのニーズを的確にとらえ、ほかの企業との差別化を図ることが重要と言えます。

チャレンジ精神が新しい価値を生む

 日本の企業の99.7%は中小企業であり、ホンダやソニーなど、今や世界的に知られる企業も、かつては、中小企業でした。大切なのは、企業の規模ではなく、「こんな商品やサービスが欲しい」というアイデアを商品やサービスの形に変えて社会に提供しようというチャレンジ精神であり、それこそが社会に新しい価値を提供するエネルギーの源泉となるのです。

夢ナビライブ2017 東京会場

アイコン

いまは中小企業の時代!?

アイコン

起業してみよう! A君の場合

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 経営学

亜細亜大学
経営学部 経営学科 教授
高石 光一 先生

メッセージ

 私は、「経営学」の中でも中小企業論やベンチャー経営論を専門としています。私たちの周りには、小さくても非常にチャレンジングな会社がたくさんあります。そんな会社は、私たちの生活や世界の最先端の技術、サービスを支えています。
 まだ世の中にないものを考え、実現していくことは何よりの喜びです。「こんな商品やサービスがあったらいいな」と考えたり、「将来自分のお店を持ちたい」、あるいは「会社を始めてみたい」という夢を持っている人は、私と一緒にその夢を実現しましょう。

先生の学問へのきっかけ

 大学や大学院では、心理学を学びましたが、中小企業基盤整備機構という中小企業の経営支援をする組織に就職したことから、中小企業経営の現場に通うようになりました。そこでは、「融資」から、「研修」「海外展開の支援」「起業の支援」などに至るまで、いろいろな中小企業の支援に取り組んでいました。
 また、その過程で、目立たないけれど、素晴らしいものを持ったたくさんの中小企業に出会ったことから、中小企業の研究に携わるようになったのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

中小企業支援機関コンサルタント/官公庁産業振興

大学アイコン
高石 光一 先生がいらっしゃる
亜細亜大学に関心を持ったら

 本学は未来に直結するグローバル人材育成をめざし、4学部(経営・経済・法・国際関係)の学部教育、国際教育、キャリアサポートの3本柱を軸とした教育体制を整えています。特に国際教育には力を注いでおり、目的に応じて選べる4つの留学プログラムを用意。また留学先も全19カ国・地域から選ぶことができます。
 また2016年4月には、「都市創造学部」が開設。人々と企業・行政・地域を結び、より豊かな都市を創造していくための力を身につける。また、約半年の海外留学を必修としており、グローバル人材の素養も身につけます。

TOPへもどる