夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.06334

グローバルとローカルの視点から考えるアンコール遺跡

古代寺院の文化遺産化

 カンボジアのアンコール遺跡は、9世紀から13世紀頃にかけて、アンコール王朝によって建てられた宗教建築群です。東京23区と同程度の範囲の中に、最も有名なアンコール・ワットをはじめ石造寺院が、無数に点在しています。いまから100年ほど前、フランス植民地期に文化遺産として見いだされ、歴史学の研究と同時に修復活動が開始されました。しかし1970年に勃発したカンボジア内戦を経て約20年間、アンコール遺跡は荒れ果て、さらに遺跡の調査や修復に従事していたカンボジア人専門家の多くが命を落としました。

「危機にさらされている世界遺産」に登録

 内戦終結後、カンボジアにアンコール遺跡を自力で修復する力は残されていませんでした。1992年、ユネスコはアンコール遺跡を世界文化遺産の中でも「危機にさらされている遺産」のリストに登録します。それを契機に、アンコール遺跡は国際的な協力体制の下で、各国サポートによる修復や調査が進められるようになりました。やがてカンボジアの治安が安定すると、大勢の外国人観光客が訪れるようになり、それにともなう形でカンボジアの観光産業は一気に発展します。かつては穏やかな農村であった遺跡周辺の地域に、急激な環境の変化が及んだのです。

グローバルとローカルの橋渡しの取り組み

 アンコール遺跡は、内戦終結後のカンボジアにおける国家復興の象徴としてだけでなく、グローバルな世界文化遺産としての価値が強調され続けてきました。その一方で、遺跡周辺に暮らすローカルな人々の生活環境の急激な変化が引き起こしたさまざまな問題や、人々自身の抱える思いについては、取りこぼされてきたという現実もあります。地元の人々がより平穏な形で遺跡と共存できる環境を整えたり、遺跡の研究成果を彼らの郷土史の材料として提供したりするなど、グローバルとローカルの橋渡しを意識した取り組みが必要になっていくでしょう。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

なぜ国際条約で遺産を保護するのか

アイコン

日本とカンボジア

アイコン

遺跡が持つ多様な価値

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 考古学、文化遺産研究、地域研究

上智大学
総合グローバル学部 総合グローバル学科 教授
丸井 雅子 先生

メッセージ

 上智大学の総合グローバル学部は、2014年に設置された新しい学部です。地球規模で起こっているさまざまな事柄のグローバルな要因と、その現象に対して地域が実際にどのような現実と向き合っているのかというローカルな視点、その2つの側面を考えていくためにたくさんの講義を用意しています。
 私は考古学を専門とし、カンボジアを対象とした文化遺産の研究をしています。アンコール・ワットがこのグローバルとローカルの問題にどのように対応し、我々がそこから何を学ばなければいけないのか考えていきたいと思っています。

大学アイコン
丸井 雅子 先生がいらっしゃる
上智大学に関心を持ったら

 上智大学は日本初のカトリック大学として開学し、2013年に創立100周年を迎えました。創立当初から国際性豊かな大学として、外国語教育に重点を置いてきました。留学制度も充実しており、世界35ヶ国に140校にも及ぶ交換留学協定校をもち、毎年約200人の学生が世界各国へ交換留学しています。また、少人数教育も本学の伝統のひとつです。教員と学生の距離が近く、また学生同士が率直に意見を交し合う、きわめて理想的な教育環境が整っています。他者を思いやり、社会に奉仕できる人材を育成します。

TOPへもどる