夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.04790

土と太陽光がなくてもテクノロジーで野菜は育つ!?

高層ビルが農場に!?

 「植物工場」という言葉を聞いたことがありますか? 密閉された室内で人工の光を使って野菜を育てる仕組みで、土や太陽光に依存しない最先端の農業技術として長年注目され続けてきました。しかし中には太陽光を利用するタイプもあります。
 以前は光や熱の調整に電気代がかかるため、なかなか実用化できなかったのですが、照明・空調技術が発達したことにより、現在では自社の植物工場で野菜を作って商品を提供している外食企業もあります。大地で作物を育てる場合は、横にひろがる一面の土地しか使えませんが、例えば高層ビルを植物工場化すると、農地を縦の空間にも広げることができます。この特長から、海外では植物工場を「垂直農場(Vertical Farm)」と表現しています。

メリットがたくさん

 植物工場の利点はほかにもあります。密閉された栽培環境なので、害虫や病原菌による作物被害もなく、完全無農薬で野菜を作ることができます。また、気候の影響も受けずに栽培できるので、定められた時期に定められた量を出荷できます。そして、消費地の都市部で野菜が作れるということは、輸送費が節約できるほか、輸送の際に排出されるCO2の削減にもつながります。
 ところで、これまでの農業は長年の経験を積んだ農家による職人的な技術によるものでしたが、植物工場の登場により専門的な農業知識がなくても農作業が可能になりました。パートやアルバイトなどで農業に触れる機会が増えて、若い世代が農業に関心を持つようになると、農業労働者の高齢化をストップできるかもしれないと期待されています。

植物工場の普及に向けて

 どの野菜でも植物工場での生産が有効だというわけではありません。現在の植物工場は生産効率のよい葉菜類が中心で、果菜類や根菜類は、収穫までに手間暇がかかるため、現状では生産に向いていません。また、設備の初期・維持費用がかかることや、政府の支援体制や法整備が行き届いていないことなども今後の課題だと言えます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 農学、園芸学、植物学

明治大学
農学部 農学科 教授
池田 敬 先生

メッセージ

 明治大学は、都会の大学では珍しく、農学部を持っています。私の研究室にいる学生のほとんどは、家族が農業をやっていない人たちです。ですから、あなたも家族や親戚に農業関係者がいないからといって、「農学部は自分には関係ない」というふうには考えないでください。今の農業を支えている多くの人は高齢者です。もし、あなたが農業に関心を持って、将来農業に関わる仕事に就いてくれたら嬉しいです。私の研究室では、あなたが魅力を感じるような農業の新しい形態を研究しています。明治大学に入学してくれることを楽しみにしています。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から農業に関係する仕事がしたいと考えていたというわけではなく、むしろ大学生になるまで、農業にはまったく興味がありませんでした。現在の専門に興味を持ち始めたのは、大学院にいた頃でした。大学4年生になる前に、大きな病気をして就職活動の時期をのがし将来について悩んでいたところ、両親が大学院への進学を勧めてくれたのです。大学院で、農業や植物の分野の最前線で活躍する研究者たちと出会い、ともに学ぶ中で刺激を受け、彼らと同じ研究者として舞台に立ちたいという気持ちがわいてきて、頑張れたのです。

大学アイコン
池田 敬 先生がいらっしゃる
明治大学に関心を持ったら

 明治大学は、10学部28学科で「個」を強くする大学です。みなさんの知への好奇心に応える学びが、きっとこの中にあります。
 トライするチャンスは3つ。
 ①一般選抜入試(学部個別入試)、②全学部統一入試、③大学入試センター試験利用入試。
 入学後のキャンパスライフを経済面からサポートする奨学金制度も16種類を用意しており、約3万人の学生のうち、1万人以上が利用しています。就職キャリア支援も、4年生向けに学内採用選考会・面接会を実施しています。
 ぜひ「メイジ」に入学し、「個」を強くしてみませんか。

TOPへもどる