夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.03449

日常生活と直結するアートとデザイン

自分のためのアートと世の中のためのデザイン

 アートとデザインは180度違う全く別の世界です。
 アートが必要とする発想の源は自分自身です。きれいだと思う心や未来像、大切な風景などが自分の中にあって、まだ誰もきれいだと表現していないけれど、世の中の人はどう思うのだろうか、と問題提起をするのがアートです。そのテーマは、なぜきれいで好きだと思うのか自分でもわからないモヤモヤしたものですが、ひとつの提案であって答えではありません。
 一方、お店を開きたい人、変わったコンセプトのファッションを考えたい人など、ある商品が必要になったという社会の中の問題を解決するのがデザインの仕事です。自分が何をやりたいのかではなく、人のため社会のため世の中のために、何をすべきかを考えて解答を提示するのがデザインなのです。

自分の中の解答探し

 アートでもデザインでも、良い物を作るためには、良い物をたくさん見る必要があります。普段から自分の刺激になることを意識しながら物を見て“良いな、かっこいいな”と思うことがあると思いますが、なぜそう思うのかという疑問に対して、自分で解答を見つけることで、物事の仕組みを考える習慣が身につきます。この訓練の繰り返しにより、自分が想像したものを自分の手を動かすことで形に表すことができるようになります。
 例えば、空き箱で何を作ろうか考えるなど、身近にある物から違う物へ、自分なりに変えてみることも良い訓練になるのです。

引き出しを増やそう

 また、物を作っていくときにはさまざまな工夫が必要で、そのための「引き出し」をたくさん持っていなければいけません。その引き出しとは、必ずしも直接物を作るための知識や技術だけではなく、発想の展開力や、造形全般のアイデア力を含みます。引き出しを増やすには、貪欲な好奇心が必要です。
 このように、日常から自分の刺激になることを意識し、さまざまな工夫をすることが、新しいものづくりへとつながります。アートやデザインは、身近なところから出発しているのです。

夢ナビライブ2019 東京会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 芸術学、デザイン学

明星大学
デザイン学部 デザイン学科 教授
西本 剛己 先生

メッセージ

 面白いと思ったら、迷わず観察する、本を読む、実験する、作るなどあらゆることに挑戦してほしいと思います。それが後に造形に役立つのです。物作りに対する熱意があれば、技術やデザインの経験値が少なくても気にする必要はありません。絵を描きたいと思ったら、デッサンでも漫画でも落書きでもいいので、手を動かしてみることが大事です。頭で考えているだけでなく、手で考える習慣が望ましいのです。空き缶から別の物を作るなど、簡単な物でもよいので、常に自分の日常は自分で作るという意識を大切にしてください。

先生の学問へのきっかけ

 小さい頃から絵や工作が好きでしたが、中学・高校と進学校に通っていたため、美術やデザインの科目はほとんどありませんでした。そして大学では、ある1つの分野だけ学ぶのではなく、さまざまな分野に関わったり結びつけたりしたいと考えるようになりました。一方で、どの科目の勉強も、記憶に残り、わかりやすいように絵や図を使ってまとめていました。そんなことから、自分の考えやいろいろな知識を、新しい方法で視覚的にまとめ、作品として世の中に問いたいと思うようになり、現代美術やデザインの道に進むことにしました。

大学アイコン
西本 剛己 先生がいらっしゃる
明星大学に関心を持ったら

 明星大学は「自己実現を目指し社会貢献ができる人の育成」を教育目標に、“教育の明星”として定評のある質の高い教育力で、次世代が求める“教育人育成”に全力をあげて取り組みます。入学後すぐに始まる全学的な初年次教育科目「自立と体験1」を設置し、学生たちは、明星大学の教育方針「体験教育」を具現化した学部・学科横断型少人数クラスで対話を重ね、未来へ向けて各自の理想や目的を磨いていきます。学部・学科を越えた全11学科の仲間との交流は、自分自身を見つめ直し、明日への新しいステップを発見する絶好の機会です。

TOPへもどる