夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

TOPへ戻る

講義No.09345

微生物の力を解き明かせば、未来がもっと豊かになる

農作物の虫害を防いでくれる微生物の力

 人間は、昔から微生物の力を活用して生活を豊かにしてきました。身近なところでは発酵食品や酵素入りの洗剤、また医療分野でもさまざまな抗生物質やコレステロールを下げる薬などが作られています。
 農業分野では100年以上前から、「バチルス・チューリンゲンシス(以下「Bt」)」という細菌が研究されてきました。一部のBtが産生するタンパク質には虫を殺す毒素が含まれており、それを利用した微生物農薬が現在使われています。近年では、Btのタンパク質産生遺伝子を作物に組み込み、農薬を散布しなくても虫を駆除できるトウモロコシなどが開発されています。

がん細胞を攻撃する種類も

 Btは地球上に広く分布しており、すべてが殺虫機能を持っているわけではありません。Btがつくるタンパク質のうち殺虫機能を持つのは70数種類だけです。では、虫を殺さないBtのタンパク質にはどのような機能があるのでしょうか。例えば、生育中のジャガイモが植物病原菌によって台無しになる病気がありますが、この原因菌を殺す機能を持つBtが存在することも判明しています。さらに、ある種のタンパク質には、がん細胞を攻撃する機能があることが明らかになりました。これらのタンパク質は「パラスポリン」と名付けられ、国際的な研究が続けられています。将来的には、副作用のない、画期的ながん治療薬が開発されるかもしれません。

無限に広がる微生物研究のフィールド

 Btを含め微生物に関する研究は各国で行われており、現在はタンパク質のDNA配列をネット上で検索するだけで、どの種類のDNAと近いかがすぐにわかるデータベースも整えられています。それでも、機能がわかっていないタンパク質の方が多く、Bt以外の微生物まで含めると、研究対象は無限と言えるほど広範です。
 今は知られていない微生物によって、私たちの生活がもっと便利になったり、難治性疾患に対する特効薬が開発されたりする可能性があるのです。


微生物の多様性~殺虫、抗がんタンパク質~

この学問が向いているかも 応用微生物学

崇城大学
生物生命学部 応用微生物工学科 教授
浴野 圭輔 先生

メッセージ

 あなたは、「自分の頭で考える」習慣を身につけていますか。ネットで検索すれば、いろいろな疑問の答えが一発で探し出せる便利な時代ですが、その便利さだけに頼っていると、すべての学問において必要な「自分で考える」力が衰えてしまいます。
 大学での学びを充実させるには、好奇心を持って根気強く調べる姿勢が重要です。特に、地道な研究が必要な学問分野では、問題にぶつかった時に「どうにかしよう」とする強い意志も大切です。受験勉強も大切ですが、研究するために必要な心構えも養うようにしてください。

先生の学問へのきっかけ

 進路は決定する直前までずいぶん迷いました。当時は環境問題やエネルギー問題に対する社会の関心が高まり始めており、農学部なら自然環境を保護したり、環境に優しい技術を学べそうだと考え、最終的に農学部へ進学しました。
 同じ頃、バイオテクノロジーや遺伝子組換え技術に関する研究も盛んになり、私も大学で微生物に関する講義を熱心に受講しました。そして、生活のいろいろな場面で微生物の力が役立っていること、地球上にはまだ知られていない多種多様な微生物が無数に存在することを知り、大きな可能性を感じるようになりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

食品会社マーケティング・営業・研究開発/大学教員/水質検査や土壌分析/製薬会社MR/公務員/理科の教員

大学アイコン
浴野 圭輔 先生がいらっしゃる
崇城大学に関心を持ったら

 崇城(そうじょう)大学は薬学、生物生命、工学、情報、芸術の5学部からなる総合大学です。“世界で活躍できるプロフェッショナルの育成”を目指し、最先端の施設・設備・研究を備え、学生一人ひとりを厳しく育てる実践的な教育プログラムにより、高い就職率や国家資格合格率を維持しています。理系私立大学では全国初の英語を公用語とする学習施設「SILC(シルク)」があり、英語ネイティブ講師による英語教育が成果を上げています。本学の地である熊本から産業界の未来を切り拓く若者を輩出する学舎でありたいと決意しています。

TOPへもどる