夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08835

単機能ロボットが未知の空間で大活躍!

人間では作業が難しい環境で活躍するロボット

 科学技術の進歩により、多くのロボットがあらゆる分野で活躍しています。宇宙空間、深海、原子炉、医療分野など、人間では作業や調査が難しい環境でもロボットであれば可能だからです。その精度や機能性は近年、急激に向上しています。なかでも重要な役割のひとつが視認、つまり人間の「目」となることです。それぞれの用途に応じたカスタマイズ(設定の変更)がなされますが、より使いやすさを追求し、小型化、軽量化、そして低コスト化することが求められています。

小ロット・多品種の時代へ

 近年は水中調査ロボットの開発も盛んに行われています。その中には波力発電プラントなどの海中設備がどのように動いているかをチェックするロボットもありますが、300kgから13kgへと大幅な軽量化に成功した例もあります。可能な限り機能をシンプルにし、無駄をそぎ落とす中で使いやすさを向上させることは、メンテナンスの面でも有利に働きます。多機能なものはひとつが故障するとほかの機能の不具合にもつながり、修理費用や買い替えなどのコストがかさむ結果につながるからです。
 その点、単機能であれば故障の連鎖を防げるだけでなく、万が一の場合も低コストで代替ができます。機能のシンプル化の傾向はロボット開発のどの分野でも進んでおり、それぞれの用途に応じたものを必要な分だけ作り使う、つまり小ロット・多品種の時代に突入していると言えます。

構想の数だけロボットの形がある

 ロボット開発にあたっては、達成したい目的というゴールに向けて、ロボットを構想する必要があります。目的から逆算して、そのために必要な機能や形、エネルギー源などを試行錯誤することで、実行能力をともなったロボットの構想が出来上がります。そしてそこから本当に必要なものだけを残し、小型化、軽量化を追求します。つまり、使われる用途だけでなく、開発者が頭にめぐらせる構想の数だけ、ロボットの形があると言えるのです。

ロボティクスソリューション

夢ナビライブ2018 仙台会場

アイコン

有人潜水艇の展望

アイコン

水深船の役目

アイコン

熟練労働者の技を機械化できるか

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも ロボット工学

岩手大学
理工学部 システム創成工学科 准教授
三好 扶 先生

メッセージ

 高校生のあなたは、勉強を頑張っていると思いますが、ぜひ運動も頑張ってください。経験上、部活動を一生懸命やっている人は勉強もできるケースが非常に多いです。おそらく時間を上手に使う力が養われるからでしょう。文武両道とはよく言ったもので、勉強と運動がお互いにいい効果をもたらすはずです。
 進路については、時には周囲の大人と意見が食い違うこともあると思いますが、最終的には保護者は子どもを応援するものです。周りの大人に左右されずに、自分の夢を叶えられる分野に進んでほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 「水中ロボットの開発」を中心に研究しています。この研究分野に関心を持つようになったきっかけはアニメ「機動戦士ガンダム」で、ガンダムに憧れを抱いたまま、大学は工学部を選択しました。
 学部長の指示で、大学1年生のときから二足歩行ロボットの研究を手伝い、学びを深めました。しかし、形だけ立派で機能のともなっていないロボットよりも、例えば医療用ロボットのような「使えるロボット」により高い価値を感じるようになり、研究方向を転換しました。現在では人間が調査不可能な場所で活躍するロボットの開発を進めています。

大学アイコン
三好 扶 先生がいらっしゃる
岩手大学に関心を持ったら

 岩手大学は、人文社会科学部、教育学部、理工学部、農学部の4学部からなり、文理バランスの取れた総合大学です。
 宮澤賢治も学んだ歴史と伝統、そして市街地ながら緑あふれるキャンパスは利便性も高く、落ち着いた学びの環境を形成しています。
 また、全学部がワンキャンパスにあるため他学部の学生との交流も盛んで、学生の研究や就職などにも大きな効果をもたらしています。
 大学HPでは、学部紹介やニュース、大学紹介Blog「岩大エキス」等で大学の魅力をお伝えしています。興味を持った方は是非ご覧になってみてください。

TOPへもどる