夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08698

観光やスポーツにも応用! 情報科学が開く未来への可能性

情報処理技術を生かした観光データ

 人工知能研究の一分野である「情報科学(インフォマティクス)」は、いまや社会に欠かせないものです。情報処理と聞くと、単にデータを解析する印象がありますが、情報社会の現代においては、そのデータをどう使うか、という応用の部分までシステムに組み込むことが求められています。
 情報科学の中でも、特にテキスト情報処理技術を使った観光情報学研究の分野で、現在オホーツク圏の観光ビッグデータの共有基盤を構築するシステムづくりが進められています。オホーツク圏に散在している観光情報を集めて共有し、そこに寄せられる反応や要望を分析、反映してユーザーにフィードバックしていこうというものです。

ネットの反応も自動で集めて分析

 2017年6月、ボーカロイドの結月(ゆづき)ゆかりが、オホーツク観光大使に任命され、話題を呼びましたが、このニュースには実に全国47万人以上がツイッターなどでアクセスしています。こうしたSNSなどでの個人の反応を自動的に検索・抽出して言語処理で分析し、次のアクションへと生かすという、データ収集、分析、フィードバックという双方向のシステムを構築するのも情報科学の重要な役割です。これまでは人の手でアンケートや集計を行っていましたが、情報処理技術により、あっという間に情報収集や統計、分析を行うことができるようになりました。

カーリングの戦術分析にも役立つ

 情報処理技術を使ってカーリングの戦術分析を行う「カーリング情報学」もすでに実用レベルの研究が進み、データ収集と統計、分析を行い、戦術研究に役立てられています。
 このように情報科学は、観光やスポーツをはじめとした異分野への応用やコラボレーション、さらには社会へのフィードバックが可能な技術分野なのです。SNSやインターネットで個人が情報を発信できる時代の中で、その情報をどう処理し生かしていくかは、今後の重要な課題であり無限の可能性がある学問分野だと言えるでしょう。

「情報科学」を使って地域の未来を広げよう

夢ナビライブ2017 仙台会場

アイコン

地域の魅力の伝え方

アイコン

情報発信力を高める方法

アイコン

地域活性化のための情報収集

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 情報工学

北見工業大学
工学部 地域未来デザイン工学科 准教授
桝井 文人 先生

メッセージ

 「興味を持ってやることに、勝るものはない」と思っています。若いうちは失敗しても何度でもリセットができます。ですからまず、興味を持ったらやってみることが大切です。そして、わからなかったら大人や専門家に聞いてください。大学は、わからないことがあれば、サポートしてくれる学問の場です。
 「情報工学」はすべての分野につながるインターフェイスです。自然の摂理など、すでにある理学と、人類の英知を使ってさらに人が便利に暮らせるための技術である工学の境目を追究する流動的な学問です。

先生の学問へのきっかけ

 実は大学では地球科学を学びました。幼稚園の頃から天文学に興味を持ち、大学では火山の研究をしていて、情報工学にはあまり興味がありませんでした。しかし両親から現実的な仕事につくよう説得され、まったく畑違いのIT企業に就職したのです。コンピュータの知識ゼロで始めた仕事でしたが、いつしか情報工学に興味を持つようになりました。
 何事も「興味があるならやってみる」というのが私のモットーで、情報工学のシステムを使っていろいろな分野に応用しようと考え、いまではさまざまな分野とのコラボレーションを実現しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

IT企業技術者/通信企業技術者/電機メーカ技術者/大学教員

大学アイコン
桝井 文人 先生がいらっしゃる
北見工業大学に関心を持ったら

 「人を育て、科学技術を広め、地域に輝き、未来を拓く」北見工業大学では、高度化・複雑化している科学技術の急速な進展の中で、「個々の専門分野についての基盤的な技術、知識を有するだけではなく、学際領域や新しい分野の開拓にも柔軟に対応できる能力を持ち、自然と調和した科学技術の発展と国際社会への対応を念頭においた技術開発を行い得る人材を養成する」ことを使命としています。このことをもって、本学は地域社会の発展はもとより、国家・ 国際社会の安全と平和および文化の進展に貢献します。

TOPへもどる