夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08009

ドライバーの安全運転教育を、ゲーム感覚でできるシステムって?

交通事故の大半は、ドライバーの認知ミス

 歩行者を認識すると音を発してドライバーに知らせたり、目の前に障害物が迫ると自動ブレーキがかかるなど、歩行者もドライバーも守ることが期待できる自動運転技術の実現は重要です。しかし、やはり重要なのはドライバー教育です。交通事故の多くがドライバーの安全確認不足や前方不注意などの認知ミスによって引き起こされ、こうしたミスによる歩行者の死亡事故が最も多いという現状があるためです。そこでドライバー教育に役立つ歩行者認知訓練システムの開発が進められています。

ゲーム感覚の訓練で確かな効果

 この訓練システムは、タブレットPCに再生される映像の中に歩行者を見つけたらその場所をタッチする、という簡単なものです。反応の速度だけでなく、視線計測装置によって運転中の視線の傾向や注視している場所の測定も可能です。またそのデータを、事故のない熟練ドライバーと比較することで、自分のクセのようなものに気づき、運転中の意識を変えることもできます。
 ドライブレコーダーで撮影した映像を使用しているので、実際に運転しているような感覚です。また雨や雪の日、夜間など多様な場面で訓練ができます。ゲームのように繰り返し行うことで、映像中に歩行者が出現してからタッチパネルに触れるまでの反応時間が短縮できることは、これまでの実験で明らかになっていますが、この成果が半年後や1年後まで継続するのかなど、さまざまな検証が必要です。

身近な訓練ツールとして期待

 視線計測装置をPCに組み込んでコンパクトにすれば、いろいろな場所に設置できる訓練ツールとしての活用も期待できます。歩行者を複数人にしたり、実際に事故の多い所や見えにくい交差点の映像にするなど、訓練用映像の多様なバリエーションも今後の課題です。運転中は予期せぬことが発生するものです。自動車の安全技術に頼るだけではなく、ドライバーを教育することも、歩行者の安全を守り、またドライバー自身の身を守ることにつながります。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 情報工学

秋田県立大学
システム科学技術学部 情報工学科 准教授
猿田 和樹 先生

メッセージ

 いろいろなことに興味を持って、じっくり考えながら取り組んでみてください。失敗を恐れず、何事にもチャレンジしてください。私自身、若いうちにもっと頑張ればよかった、いろいろなことに挑戦しておけばよかったなと、今になって感じています。
 また部活動でも何でもいいので、真剣に向き合って自分で納得できるまで、精一杯努力を重ねてみることも大事です。「これだけやったんだ!」という何かがあれば、それはきっと次のステップへの力になるはずです。結果を出すことで自信になり、取り巻く世界もぐんと広がります。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃は進路を選択する際、文系にするか理系に進むか迷っていましたが、「これからはコンピュータの時代」という意識を持っていたこと、また当時、電気系の大学に通っていたいとこの存在も、電子工学の道へと進んだきっかけになりました。
 大学および大学院時代の研究室では文字認識をテーマに研究し、教員となってからは幅広く画像関係の研究に取り組んだことが、現在の研究につながっています。「チマチマしたことはするな。誰もやっていない研究をしろ」という大学院時代の教授の言葉を今も大切にしています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

IT関連企業SE等

大学アイコン
猿田 和樹 先生がいらっしゃる
秋田県立大学に関心を持ったら

 秋田県立大学は、最先端の設備と全国トップクラスの少人数教育体制など、入学から卒業まで着実に成長できる環境が整っています。中でも「学生自主研究制度」は、入学後すぐに研究に取り組める制度です。学生が主役のこの制度は、自ら研究テーマを決定し、指導教員がアドバイスを行い、実験スペースや機材、そして研究資金を交付して学生をバックアップします。秋田県立大学は、新しい知識を得ながら、知的好奇心を満たす無限のフィールド、学生が主役になれる大学です。

TOPへもどる