夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.04836

日本とハワイの関係を知ると、今の「観光地ハワイ」が見えてくる

観光地としての歴史は浅い

 ハワイは日本人にとって非常に身近な観光地ですが、ハワイの観光地としての一面は、実はほんの100年前に作られたものです。そこに至るまでにはさまざまな歴史があり、日本との関係も時代とともに変化してきました。

独立王国だったハワイ

 現在のハワイはアメリカ合衆国の州ですが、かつては先住民だけが住む独立王国でした。1778年に、イギリスの航海家ジェームス・クックがたまたまハワイに漂着したのを機に、まずヨーロッパ人たちが捕鯨の中継基地として、またサトウキビ栽培を目的として移住してきました。続いて畑作の労働者としてアジア各国から移民が入ってきます。日本からの移民も多く、1920年には、日本人移民(一世)とその子どもたち(二世)は、ハワイ人口の4割を占めるほどになりました。1893年に王国が崩壊しアメリカ領となったころには、ハワイはすでに多様な人種の集まる多文化社会となっており、1900年代に入ると観光産業がさかんになっていきました。

「敵地」が「憧れの地」に

 日本とハワイとの関係で忘れてはいけないのは、1941年12月7日(日本時間8日)の、日本軍による真珠湾攻撃です。日米が開戦したため、ハワイの日本人移民たちは日本軍との関係を疑われ、ことに二世たちはアメリカ国籍にもかかわらず、自由な市民生活を送る権利が奪われたと言います。このように、日本人にとって「労働の地」であり「敵地」であったハワイは、戦後まもなく、「憧れの地」へと変化しました。そこにどういった社会的要請があったのかを考えてみることは、学問的にも面白いテーマです。また、ハワイは現在も軍事拠点ですが、日本人観光客が抱くイメージの中では、軍事面が消し去られている点にも注目したいところです。歴史をひもといてみると、日本とハワイの関わりは、観光面以外でも深いことがわかります。それらを知ることは、これからの「観光地ハワイ」と日本との関係を考える上でも非常に意味のあることなのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも アメリカ研究、ハワイ研究、太平洋島嶼研究

東京大学
教養学部 地域文化研究学科 准教授
矢口 祐人 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 受験勉強は、大学で学ぶための準備段階です。そこで燃え尽きるのではなく、その向こうに広がっている、大学での「知」の世界を楽しみにしていてください。大学で学んでいると、わからないこと、できないことがたくさんあることに気づきますが、それを自分で考えていくことが本当の意味での学びなのです。また、これから学問をする上では、英語をしっかり学んでおくことが、世界へはばたくためのカギとなります。文法などのテクニカル面だけでなく、英語でコミュニケーションや表現ができるよう、意識して勉強しておきましょう。

大学アイコン
矢口 祐人 先生がいらっしゃる
東京大学に関心を持ったら

 東京大学は、学界の代表的権威を集めた教授陣、多彩をきわめる学部・学科等組織、充実した諸施設、世界的業績などを誇っています。10学部、15の大学院研究科等、11の附置研究所、21の全学センター等で構成されています。知識の洪水に流されない「本質を捉える知」、独善に陥らない「他者を感じる力」、そして、「先頭に立つ勇気」を備えた、21世紀が求める人材が育つ場でありたいと決意しています。

TOPへもどる