夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

TOPへ戻る

講義No.03338

プリンやゼリーが固まるのはなぜ?

水分は閉じ込められているだけ

 魚や肉の煮汁を放っておくと、やがて冷えてトロンとした固まりになることがあります。いわゆる「煮凝り(にこごり)」と呼ばれるものです。また、スイーツのプリン(インスタントタイプ)やゼリーも冷やすと固まります。これはなぜでしょう。
 魚や肉にはコラーゲンというタンパク質が含まれています。これが煮汁に溶けだしてゼラチンに変わるのですが、ゼラチンは冷えると固まる性質を持っています。煮汁(水分)が固まるのではなく、ゼラチン分子が集まって紐のような構造を作りだし、煮汁の中でその紐が縦横無尽に、網の目のようにつながることで、水分が動けなくなってしまうのです。
 ゼリーやプリンも、ゼラチン分子が水分を閉じ込めている状態です。同じような働きは、ジャムに使われるペクチンなどにも見られます。

他人同士でくっつく?

 分子が固まるのは冷やした場合だけではありません。例えば卵は、卵焼きやゆで卵、プリン(蒸し焼きタイプ)などにすると固まります。卵の主成分もタンパク質ですが、熱を加えるとそれまで安定していたタンパク質分子が不安定になります。しかし、形を整えようとする力のようなものが残っているために、近くの分子同士が引き合い、つながってしまうのです。これを「分子集合」と言います。いったんバラバラになったものが他人同士くっつくので、冷えても元の液状には戻りません。それに対し、水分が閉じ込められているだけの煮凝りは、温めると液体に戻ってしまいます。分子には、それぞれの都合で集まりだす特性があるのです。

カラクリは“分子集合”

 この性質はいろいろなものに利用されています。プリンの素やジャム以外では、食用油の処理剤があります。粉状の処理剤をフライパンの油に入れると瞬時に固まります。これも、固まる性質の分子が油の中で一斉に網を作るのです。油は固まっているのではなく、網に閉じ込められて動けなくなっているだけ。これも分子集合の働きです。


この学問が向いているかも 有機合成化学

大阪大学
基礎工学部 化学応用科学科 教授
直田 健 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 あなたの「意見」は本当に自分の「知識」に基づくものですか? 外から吸収した知識を、単純にアウトプットしているだけではありませんか? 吸収した知識を自分の言葉で考え直し、練り込んで、初めて自分の意見としてアウトプットする。そんな思考トレーニングを積んでください。大切なのは「思考力」です。
 そして、自分の意見で多くの人と議論してください。議論は恥ずかしいことではありません。今の日本人に欠けているのは思考力とそれを表現する力だと思います。未来の日本を豊かにするのは、あなたなのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学研究員、総合化学研究員、製薬会社研究員、電子材料会社研究員、香料会社研究員、印刷会社研究員、半導体会社研究員、塗料会社研究員、石鹸化粧品会社研究員、繊維会社研究員、タイヤメーカー研究員、水質保全会社研究員、製紙会社研究員、歯科材料 会社研究員

大学アイコン
直田 健 先生がいらっしゃる
大阪大学に関心を持ったら

 自由な学風と進取の精神が伝統である大阪大学は、学術研究でも生命科学をはじめ各分野で多くの研究者が世界を舞台に活躍、阪大の名を高めています。その理由は、モットーである「地域に生き世界に伸びる」を忠実に実践してきたからです。阪大の特色は、この理念に全てが集約されています。また、大阪大学は、常に発展し続ける大学です。新たな試みに果敢に挑戦し、異質なものを迎え入れ、脱皮を繰り返すみずみずしい息吹がキャンパスに満ち溢れています。

TOPへもどる