夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11527

社会も映す、映画をたどる

映画をみるだけではない

 映画研究では、映画をよくみて、分析することが大切です。さらに、資料も研究対象になります。小津安二郎監督の台本や構想ノートなら、映画をみるだけではわからない制作過程が、ときに生々しく記されています。資料から、制作過程や映画史を検討することも可能です。しかし、そこに記されていない情報もあります。答えがどこかに「すでにある」わけでもないのです。何があるのか、何がないのかを確認し、ときには自分の問いを見直す必要にも迫られます。大変にも思われますが、新たな事実を確認し、価値観がゆさぶられる瞬間です。

小津安二郎と里見弴

 小津安二郎は、国内外で高い評価を得ています。そう聞くと、研究が難しく思われるかもしれません。しかし、映画にも資料にも、まだまだおもしろいと思えるところがたくさんあります。たとえば、映画『早春』の台本には、青鉛筆で多数の書き込みがありました。筆跡をみて調査を重ねると、作家の里見弴(さとみ とん)によるものだと確認できました。さらに、一部は実際に『早春』に採用されていたのです。小津は里見の愛読者で、里見の文章を手本にしているとまで語っていました。この台本の事例は、ふたりの関わりを示すものだといえるでしょう。

映画は社会も映す

 映画『伊豆の踊子』から考えてみましょう。踊子をその時代のアイドルが演じ、これまでに6回映画化されてきました。うち2回は同じ監督の作品ですが、踊子には大衆のイメージや欲望が投影され、同じ場面でも異なる演出がなされています。このように俳優や、同時代の広告、雑誌なども検討し、映画を研究していくことも可能です。
 映画は総合芸術と呼ばれるように、多くの要素を含んでいます。日本の家庭を描いたと言われる小津の映画も、社会と無縁ではありません。主題や小道具、音楽ひとつとっても、語り尽くせない力があります。映画はみるだけでも楽しいですが、研究にも、とてもおもしろい対象です。

参考資料
1:小津安二郎を知り、考えるための書籍・ウェブサイト

この学問が向いているかも 映画学、表象文化論

同志社女子大学
表象文化学部 日本語日本文学科 准教授
宮本 明子 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 映画は総合芸術と呼ばれるように、たくさんの要素を含んでいます。映画はみるだけでなく、研究してもおもしろい対象です。映画の理論や技法を学ぶと、おもしろいと思えた対象がどのように論じられるのか、どのように作られているのかがわかります。
 映画を通じて、みる力、きく力、取材し、表現する力も育めます。調査のなかで、本にはまだ記されていない情報に出会うこともあります。ぜひ一緒に考え、議論しながら、映画にさらに迫りましょう。
 映画といえば、映画館もさまざまです。ぜひ、あなたのお気に入りの映画館をみつけてください。

先生の学問へのきっかけ

 図書館で偶然手にした本に、きれいな写真が載っていました。紙の上の一文字一文字が丁寧に記され、色鉛筆の跡もみえます。「これは何だろう?」「誰が書いたのだろう?」と思ったのです。それが、小津安二郎監督の台本でした。調べてみると、映画も丹念に作りあげた人だと知りました。名前は知っていましたが、作品をじっくりみたことはありませんでした。小津監督の台本と映画それぞれを、もっとよく知りたい、と思ったのがきっかけです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

国家公務員/教育業/放送業/出版業/運輸航空業/不動産業/銀行業

大学アイコン
宮本 明子 先生がいらっしゃる
同志社女子大学に関心を持ったら

 『Always rising to a new challenge(いつの時代も、新しきを生きる。)』
 同志社女子大学は創立以来、常に時代の先駆けとなる新しい教育・研究に挑戦し、143年の歴史を歩んできました。キリスト教主義、国際主義、リベラルアーツを教育理念とし、学生一人一人が持っている才能を生かして、責任感を持って社会に貢献できる女性を育むことをめざしています。専門分野の研究のみならず異なる領域について学ぶことで、幅広い視野と豊かな発想、総合的な判断力を養うことを教育の基本に据えています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる