夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11481

変わりゆく森林の姿をデータで表す「森林モニタリング」

イースター島の文明の衰退

 イースター島といえば、草原に巨大なモアイ像が立ち並ぶ姿をイメージするでしょう。この島に文明が栄えた西暦400~500年頃は、島全体が豊かな森林に覆われていました。しかし漁業用の丸木舟を作るために木の伐採を続けた結果、島の森林はほぼ消滅し、それとともに文明は滅びていったのです。はたしてこれは極端な例で、私たちの暮らしには関係ないと言い切れるでしょうか。

森林モニタリング

 国際的には1990年代頃から「森林モニタリング」の必要性が唱えられ始めました。当初、国内の動きは活発でなかったものの、2000年代になると気候変動が顕著になり、環境省が主導する森林モニタリングプロジェクトがスタートしています。現在は、数百年単位で状況を考えなければならない森林の、ほんの20~30年分のデータがたまってきた段階です。
 モニタリングにはさまざまな手法があります。昔ながらの方法は、1本1本の木にタグをつけて、幹の太さなどを人力で測定する方法です。一方で、新たにレーザースキャニングの技術を使った測定も行われています。レーザー光線を森の上や中から四方八方に照射して、反射スペクトルを解析することで、パソコン上に森林を再現するものです。しかし、この方法を繰り返して森林の状態の変化を調べようとすると、木が少し傾いただけでも同一個体の特定が難しくなるなど、欠点もあります。さらに、人力で測ったデータとレーザースキャニングによるデータを一致させるのは非常に困難です。そのため、長期観測を通して森林の変化を記述するには、昔からのデータと最新の方法で取得したデータを適切に統合することが課題になってくるでしょう。

小さな数字から大きな変化を考える

 ひと抱えもある巨木の幹の太さを測ると、4年間で幹周り2~3ミリ程度の成長です。数字だけ見ればほんのわずかだと思うかもしれません。しかし、森林全体、国土全体を考え、さらに文明や地球の動きという大きな期間に換算すると、それは見過ごすことのできない数字なのです。

参考資料
1:参考写真1
2:参考写真2

この学問が向いているかも 森林科学、生態学

秋田県立大学
生物資源科学部 生物環境科学科 教授
星崎 和彦 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 自然の恵みに依存している私たち人間にとって、生物の多様性は非常に重要です。植物も動物も数種類しかいなかったら、着る服を染められるのは一色だけしかなく、またマグロなどのお刺身にワサビではなく山椒をかけて食べることになっていたかもしれません。生物の多様性があるからこそ、私たちは豊かな生活ができているのです。
 森林と環境が影響しあっていることが明らかになってきた今、そのモニタリングは非常に大切な調査です。大量のデータを必要とするモニタリングには若者の育成が欠かせません。ぜひ一緒に森林の研究をしましょう。

先生の学問へのきっかけ

 中学生の頃に実家が新築されて、父が趣味で庭づくりを始めました。それを見ていたことが樹木に興味を持ち始めたきっかけです。高校で生物部に入ると、顧問の先生が森に連れていってくれて、いろいろな樹木の名前を教えてくれました。次第に森林に魅了され、テレビの自然番組で紹介されるような森林で仕事がしたいと思うようになったのです。研究を始めた頃から30年間、同じ森に入って調査を続けています。当初想定していなかった変化が明らかになってきて、それを現在進行形で感じ取れるのが研究の醍醐味です。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

自然環境調査/造園/環境コンサルタント/データ分析/木材流通/林業系公務員(県庁)など

研究室
大学アイコン
星崎 和彦 先生がいらっしゃる
秋田県立大学に関心を持ったら

 秋田県立大学は、最先端の設備と全国トップクラスの少人数教育体制など、入学から卒業まで着実に成長できる環境が整っています。中でも「学生自主研究制度」は、入学後すぐに研究に取り組める制度です。学生が主役のこの制度は、自ら研究テーマを決定し、指導教員がアドバイスを行い、実験スペースや機材、そして研究資金を交付して学生をバックアップします。秋田県立大学は、新しい知識を得ながら、知的好奇心を満たす無限のフィールド、学生が主役になれる大学です。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる