夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11476

抜けてしまう乳歯に、虫歯の治療が必要なわけとは

歯が生え替わる理由

 人間は生後7カ月頃から乳歯が生え初め、2歳6カ月頃には上下20本が生えそろいます。その後、6歳頃になると永久歯への生え替わりが始まり、すべての歯が永久歯になるのは12歳頃です。つまり乳歯は生涯の中で約9年間しか使われません。歯の生え替わりの際、永久歯が生えてくると、歯の根が溶けることで乳歯は抜け落ちます。なんらかの原因で乳歯が抜けないと、永久歯が歯茎の横から生えたり、噛み合わせが悪くなったりする場合があります。このようなリスクがありながらも人間が歯の生え替わりを選んだのは、頑丈な永久歯だからこそ噛める硬いものを食べることで、大人に必要なカロリーを確保しなければならなかったからだと考えられます。

乳歯で食べ物を噛むための学習

 私たちは食べ物の種類により、意識せずに噛む力や回数を変えています。硬いせんべいと、綿あめのようなふわふわしたものでは、最初の一口目から力の入れ加減を変えているはずです。これは、食べた経験を学習しているからです。乳歯の奥歯の根の周りには歯根膜というクッションがあり、圧受容体という力を感じる器官が備わっています。そこで、食べ物によってどれくらい噛む回数が必要であり、どれくらいの時間をかければ飲み込めるかを学習しています。学習の期間は約9年間ですが、その間に噛み方を学習し、そこで脳にインプットされたデータが大人になっても使い続けられるのです。

治療と予防の必要性

 ですから、抜けてしまう乳歯でも、虫歯になったら治療が必要です。もし、乳歯が虫歯になり穴があったり痛みがあったりして、硬いものをしっかりと食べられなければ、脳は噛むことの正確なデータを得られないからです。正確なデータが得られなければ、大人になったとき硬いものを食べるのが苦手で、噛まずに飲み込んでしまうなどの支障をきたす可能性があります。そのため抜ける乳歯も、虫歯になったらきちんと治療すること、さらに虫歯にならない予防の教育がとても大切なのです。


この学問が向いているかも 歯学

鶴見大学
歯学部 歯学科 教授
朝田 芳信 先生

メッセージ

 将来の仕事を考えるには、20年先を想像してください。今よりさらに高齢化が進んだ社会になり、介護サービスが難しくなる中で、健康に生きるために必要となるのは食べることです。
 今までの歯科医は虫歯を治療するという、どちらかという内向きの活動でしたが、これからは歯の健康の維持のために呼び掛けていく外向きの活動が増えていくでしょう。健康な歯の平均の本数は年々増えてきており、現在は80歳で20本ある人が5割程度です。20年後にも有意義な仕事ができる分野だと思います。ぜひ歯学をめざしてください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃に虫歯の治療を経験し、歯の大切さを感じました。それまでは腕にするものだと思っていた注射を、痛み止めのために口の中に打つということにも驚いてたじろぎました。しかし、その時の先生がとてもしっかりと治療してくれたので、その体験がずっと頭の中に残っていました。食べるということは健康を維持するために必須の行為であり、それを担っているのが歯です。歯の健康が体全体の健康を支えるということに興味を抱いたのも、歯学を志したきっかけになりました。

大学アイコン
朝田 芳信 先生がいらっしゃる
鶴見大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、朝田 芳信 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月31日(日)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月2日(土)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる