夢ナビWebセレクション

北海道医療大学の教員による講義

関心ワード
  • 学習心理学、
  • 心理学、
  • 実験、
  • パブロフの犬、
  • マーケティング、
  • 広告、
  • アルコール、
  • カフェイン、
  • コーヒー、
  • ビール

「パブロフの犬」だけじゃない、身の回りの古典的条件づけ

トリガーの刺激で起こる条件反応

 「パブロフの犬」という実験を知っていますか? まず、犬はエサを目の前にすると唾液を出します。これは生まれつき起こる反応です。そこで、犬にベルの音を聞かせてからエサを与えます。本来、犬にベルの音を聞かせても特別な反応は起こりません。しかし、ベルを鳴らしてエサを与えることを繰り返していると、犬はベルの音を聞いただけで唾液を出すようになります。これは「条件反応」と言われる現象です。
 条件反応とは、学習させた刺激が引き金(条件刺激)となってさまざまな反応が起こることです。これを学習心理学では「古典的条件づけ」と呼んでいます。梅干しやレモンを見ただけで唾が出る、お昼のチャイムが鳴るとおなかが空くなど、人の日常にも多く見られます。

カフェインレスコーヒーでも覚醒作用が?

 トリガーとなる要素はさまざまです。例えば覚醒作用があるカフェインもそのひとつです。普段コーヒーを愛飲している人に、カフェインレスのコーヒーを飲んでパソコンゲームをしてもらうと、カフェインを摂取していないのに、水を飲んだ場合よりもゲームの効率がアップしました。つまりカフェインの覚醒作用が現れたのです。また反対にアルコールを日常的に飲む人に、ノンアルコールビールを飲んでゲームをしてもらうと間違いが多くなりました。これはコーヒーやビールに近い匂いや色、味などが引き金となって、条件反応が起こるためです。

広告マーケティングにも使われる古典的条件づけ

 古典的条件づけはアルコールなどの嗜好(しこう)品だけでなく、広告のマーケティング戦略にもよく使われます。例えば、好感度の高いタレントを使ってお茶のCMを繰り返し流すことで、元々は好きでも嫌いでもなかったお茶の好感度を高め、購買意欲をかき立てています。
 このように学習心理学の古典的条件づけを応用したものはたくさんあります。ただ、当たり前になりすぎて気づかないだけなのです。心理学の目線で、周りに潜むいろいろな引き金を探せば、その背景にある意図も見えてくるはずです。

この学問が向いているかも 学習心理学、心理学、行動分析学


心理科学部 臨床心理学科 助教
福田 実奈 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 心理学は日常の中の科学です。実は人間の生活のあらゆることが心理学の研究のタネになります。心理学をめざす人に「心理学を学ぶには、何を勉強しておくべきですか?」とよく尋ねられるのですが、「まずは自分の身近な人の行動の不思議を見つけ、観察してみては?」と答えています。
 「あの人のあの行動って実はこんな理由があったのかな?」と人の行動を学問と紐づけてみるのが心理学の出発点です。心理学はあらゆる職業に役立つ学問です。心理学を学んで人の心のスペシャリストになってみませんか?

先生の学問へのきっかけ

 昔から人間の心に興味はありましたが、心理学として意識したのは高校の時の模擬講義でした。人の心を科学的に分析できるのが「おもしろい!」と感じたのです。大学では漠然と心理カウンセラーになろうかと考えていました。しかし2年生の時に学習心理学に出会い、人の心理は行動と深く関わっていることを知ったのと同時に、それが「どうしてそうなるのか」を深く追究したいと思い、本格的に学習心理学の研究を始めました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

スクールカウンセラー/精神科・心療内科心理士/社会福祉施設心理士・生活支援員 /商社総合職/医療関連事務/広告制作

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.