夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11449

レジが買い物カゴの中身を瞬時に判断! IoT技術で生活を便利に

セルフレジの仕組み

 生活をより便利にするためにIoT(モノのインターネット)技術が研究され、実用化されています。例えば衣料品店などで目にするセルフレジです。商品の入ったカゴを置くだけで、中に何が入っているのかを読み取ることができます。商品のひとつひとつに無線通信で読み取ることのできるICタグが貼られているからです。このタグは商品の精算はもちろん、在庫管理に利用することもできます。
 セルフレジに対応している値札を光に透かしたり裏返したりすると、中に小さな機械が入っていることに気づくでしょう。これは小型の無線通信用アンテナや回路で、レジから「誰かいませんか」と声をかけられると、各商品が「ここにいます」と応答できるようにしているのです。

タグをもっと便利に使うには?

 こうしたIoT技術をより広く利用するためには、水にぬれても問題なく動くように改良する必要があります。もともとは衣料品などに取り付けるために開発された技術なので、水にぬれる環境を想定して作られていません。そのため冷凍食品などに貼り付けた場合、冷凍庫内の水分でタグがぬれて正常に動かなくなってしまいます。

水にぬれても動くタグを研究

 低温や水分の多い環境でもタグが正常に動くようになれば、医療用に応用することも可能です。例えば部分入れ歯は2~3cm程度の小さなパーツなので、誤って飲み込んでしまう事例が多く見られ、飲み込んだことにすら気づかないケースもあります。部分入れ歯にタグを取り付けておけば、飲み込んだとしても今どの場所にあるのかを瞬時に確かめることが可能です。水に強い素材でタグをコーティングすれば、水の影響を受けなくなることがわかっていますが、コーティングが分厚くなると、入れ歯のような小さなものには応用できません。そのため、水の影響を前提にした回路が研究されています。影響そのものを防ぐのではなく、回路が湿度や温度などを判断して適切な動作を使い分ける手法を生み出そうとしているのです。


この学問が向いているかも 電気電子工学

静岡理工科大学
理工学部 電気電子工学科 准教授
本良 瑞樹 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 工学は研究成果を社会に還元できる分野なので、「これがあれば楽しそう」「生活が便利になりそう」などの気持ちが原動力になると思います。生活の中でほしい物や実現したい技術を考えておくと、勉強がさらに楽しくなるはずです。専門知識は大学で学ぶことができるので、高校では勉強や遊びをしっかり楽しんでおくことをおすすめします。また、進路選びでは、さまざまな大学の学問や興味のあるテーマを調べてみましょう。ひとつの情報源に頼らず、複数の視点や文献で確かめる習慣をつけておくと、大学でも役に立つと思います。

先生の学問へのきっかけ

 工学に興味を持った最初のきっかけは、小学生の頃に見たリニアモーターカーです。その後中学の物理部で超伝導体やリニアモーターカーの仕組みなどを教えてもらい、おもしろさを感じました。大学で工学を勉強するうちに、ただ物を作るのではなく、社会に役立つ技術を開発したいと思い始めました。ちょうど携帯電話が目まぐるしく進化している時代だったため、無線通信の研究に取り組みました。研究では「こんなものがあったらいいな」と考え、ものづくりを1からできることに楽しさを感じています。

大学アイコン
本良 瑞樹 先生がいらっしゃる
静岡理工科大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、本良 瑞樹 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月31日(日)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月2日(土)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる