夢ナビ 夢ナビ

TOPへ戻る

講義No.11441

副作用の少ない治療方法のヒントに! 免疫細胞の源を探る

免疫細胞はどこで生まれる?

 免疫細胞は、ウイルスや細菌などから体を守るときに欠かせない細胞です。しかし免疫細胞が作られるメカニズムにはまだ謎が多く、研究が進められています。
 ヒトの骨髄の中には、すべての免疫細胞を作り出す能力をもつ造血幹細胞が存在しています。この細胞から分化が進むと、特定の免疫細胞だけを多く生み出す細胞が出現することがわかりました。例えば2017年には、単球だけを作り出す源としての細胞が発見されています。単球は、体内に侵入した細菌などを食べて取り除くマクロファージのもとになる細胞です。

源を特定して病気を治療

 単球は、がんや炎症性疾患(関節リウマチ、炎症性腸疾患など)などを増悪させる能力も持っています。単球は、腫瘍の増殖や転移を促進するマクロファージ、骨を破壊する破骨細胞や腸炎を増悪させる炎症性マクロファージとなってしまうからです。また、慢性骨髄単球性白血病の原因としても知られています。
 白血病の治療に使う薬は副作用が強く、患者の体に大きな負担がかかります。そこで単球の源となる細胞だけに作用する抗体を投与することで副作用を抑える治療方法が研究されています。慢性骨髄単球性白血病のマウスを使った実験では、この抗体を投与することで症状を抑えることに成功しました。このように、特定の免疫細胞を作る源の細胞の発見は、新たな治療方法の開発にも役立つのです。

膨大な数からたった1つを見つける

 源の細胞を見つけ出すときは、細胞表面分子の発現パターンを手掛かりにします。発現パターンは複数の分子が組み合わさって作られており、細胞ごとに違いがあるからです。ただし、ある発現パターンが本当にその細胞独自のものかは、検証が必要です。ほかの細胞にも同じ発現パターンがあると、手掛かりにならないからです。単球の源となる細胞を見つける過程では、約200種類の細胞表面分子を解析して絞り込んでいきました。目的とする源の細胞を見つけるためには、地道な研究が必要なのです。


この学問が向いているかも 免疫学

東京医科歯科大学
難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学分野 教授
樗木 俊聡 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 研究者もオリンピック選手と同じで、全員が金メダル級の成果を確約されているわけではありません。それでも、努力を積み重ねることでしか、大きな目標を達成することはできません。あなたがその過程に賭けてみようと思うのであれば、私も全力でサポートします。
 また、忍耐力を必要とする研究現場において、モチベーションとなるのは研究への強い興味です。あなたが研究に打ち込みたいと思えるきっかけを私の研究室で提供できればと思っています。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃から免疫学の研究者をめざしていたわけではありません。むしろ勉強はあまり好きではない生徒でした。そんな私が免疫学の研究者を志そうと思ったきっかけは、「免疫学には夢がある」という恩師の言葉です。あなたの体は免疫細胞に守られています。私の研究テーマは、免疫細胞がどのように作られ働くかを明らかにすることで、基礎研究をもとにした応用研究にも取り組んでいます。思い通りの成果が出るかわからないためワクワクしますが、普遍的生命現象と疾患病態の謎を解き明かすため、日々研究に取り組んでいます。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

製薬会社研究員/化粧品学者研究員/精密機械メーカー研究員/医療系コンサルティングファームコンサルタント/歯科医/医師

大学アイコン
樗木 俊聡 先生がいらっしゃる
東京医科歯科大学に関心を持ったら

 東京医科歯科大学は、医学・歯学・保健衛生・口腔保健からなる医系総合大学であり、高い倫理観を備えた医療人を養成します。社会の要請に応え得る医師、歯科医師、コ・メディカルスタッフの養成は勿論、世界の第一線で活躍し得る研究者、指導者の育成を目指しています。したがって、大学は勉強するところではなく、勉強する方法を自ら学び、自律するための場であるとの認識を学生諸君に徹底しています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる