夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11326

経営学の切り口で解明する、スポーツやスポーツイベントが持つ力

スポーツイベントの効果

 日本ではさまざまなスポーツイベントが開催されています。こうしたイベントは地域の飲食店や宿泊、交通といった産業を潤すだけでなく、目に見えにくい社会効果ももたらします。例えば競技から得られる感動や、周囲とともに応援することで生まれる一体感です。運営に参加する地域住民のつながりが生まれ、地域のソーシャルキャピタル(社会関係資本)が強化される効果も期待されます。スポーツマネジメントという学問分野では、こうしたスポーツイベントが個人や地域、国レベルに及ぼす影響力についても研究できます。

地域資源の活用

 オリンピックやサッカーワールドカップなど、自国では数十年に一度しか開催されないメガイベントとは違い、地域イベントは全国で頻繁に開催されています。特に地方で、自治体の財政難や住民間の交流不足の解消、健康寿命の延伸といった地域課題の解決のきっかけとして、スポーツイベントを開催する例が多くみられます。近年はこうしたイベントが増えすぎて淘汰されるケースもみられるほどです。より集客を増やし継続性を高めるには、地域資源を最大限に活用する必要があります。例えばマラソンでは、コースの中に観光名所を数多く配置するものや、都心の道路をコースとして開放するものがあり、毎年多くの人が参加しています。

スポーツマネジメントの役割

 スポーツの産業規模は、自動車やITの分野に比べればそれほど大きくはないものの、より共感や注目を集め、人と人とを結びつけるという特性を備えています。また多くの人に届きやすいメッセージ性もあることから、選手やイベントに企業からの協賛が集まりやすいという強みもあります。こうしたスポーツが持つ力を、マネジメントやマーケティングといった経営学的な手法で明らかにすること、またそこで得られた知見を、スポーツを通じた地域課題の解決や地域の活性化に生かすことも、スポーツマネジメントの大切な役割なのです。


この学問が向いているかも 経営学、スポーツマネジメント

東海大学
体育学部 スポーツ・レジャーマネジメント学科 講師
押見 大地 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 私が専門とするスポーツマネジメントは、複合的な学問領域が合わさった応用的な学問です。ですから、ノーベル賞を取るような「尖った」研究をするというより、経営学や社会学、歴史学や医学など、さまざまな知識をどん欲に吸収し、応用することが求められます。
 将来スポーツについて学びたい人もそうではない人も、特定の専門分野だけでなく、知識を幅広く吸収してほしいと考えています。さまざまな考えに触れることが、あなたの幅・選択肢を広げてくれると思います。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃からスポーツに親しみ、自らもプレーしながら育ちました。大学でもラグビー部でトレーナーとして活動し、将来はスポーツに関する仕事に就きたいと思っていましたが、卒業後は社会勉強を兼ねてサラリーマンとして3年間働きました。そのとき、スポーツビジネスが学べる大学院があることを知り、会社を退職して入学しました。そこでスポーツやスポーツイベントがもつさまざまなインパクトについて、経営学的な手法で明らかにする研究に魅力を感じるようになり、現在に至るまで探究し続けています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

スポーツ小売業/システム開発/金融/コンサルティング/商社/人材サービス/ソフトウェア/インターネット通信/官公庁/大学院進学/留学 など

大学アイコン
押見 大地 先生がいらっしゃる
東海大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、押見 大地 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月31日(日)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月3日(日)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる