夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11303

関係のない他人が罰を与えるのはなぜ? 人間ならではの心理と行動

人間はなぜ協力し合う?

 人間は、なぜ協力し合うのでしょうか。生物学では、仲間を助けるよりも、自分の子どもを助けるほうが合理的だと考えられています。自分の子どもより他者を大事にするような生物は、子孫を残せないからです。本来は仲間よりも自分の子どもを優先する生物ばかりが増えていくはずですが、現在、生きている人間は他者に親切だったりします。また動物は血縁関係があるか、あるいは小さな集団内でしか協力できませんが、人間は大規模な非血縁集団の中でも協力できます。それらの行動は人間ならではのものだと言えます。

誰かのために罰を与える行動

 このように人間の心の在り方も、体と同じように進化して出来てきたのではないかと考えるのが進化心理学です。生き残るために、子孫を残すのに有利なように心は進化したと考え、時にはほかの生物と比較しながら探究していきます。「協力行動」のほかにも、人間ならではの不思議な行動はあります。その1つが、自分が直接何かをされたわけでもないのに、誰かのために注意したり、罰を与えたりする「第三者罰」です。第三者罰については、罰を与えた人に対する評価も研究されています。

罰を与える人を非難する人

 例えば、携帯電話を使ってはいけない場所で使っている人をAさんが注意したとします。そのAさんに対して「当然だ。注意するAさんはえらい」と評価する人もいれば、反対に「嫌なやつだ。友だちになりたくない」と非難する人もいます。両者の違いを知るために、ある実験が行われました。1000円を渡して、「隣の部屋に知らない人がいますが、その人にいくらあげますか」と聞いたところ、「半分あげる」や「全部自分がもらう」などの回答がありました。調べると「半分あげる人」は、Aさんを評価した人で、「全部もらう人」は、Aさんを非難した人だったのです。全部もらう人は、普段から自分の利益最優先の考え方や行動をしており、その後ろめたさから、いざとなったら自分も罰を受ける可能性があると思っているとも考えられるのです。


この学問が向いているかも 進化心理学、社会心理学

宇部フロンティア大学
心理学部 心理学科 講師
森本 裕子 先生

メッセージ

 大学の心理学系の学部には、実験の授業があります。実験データを分析するためには「数学」や「統計」の力が必要ですし、資料を読んでレポートを書くためには「国語」「英語」の力が必要です。また人間の感覚や認知の仕組みを知る上では「生物」の知識も必要ですし、心理学を社会にどう役立てるか、あるいは社会の問題をどう切り取って自分自身の問題とするかを考える時に、「社会」の科目が役立ちます。
 つまり高校で習う教科すべてが心理学に役立つということです。高校では、ぜひすべての教科をしっかり学んでください。

先生の学問へのきっかけ

 学生の時、山中康裕先生の『少年期の心』という心理学の本を読みました。思春期の子どもがどう苦しみ、それがどう身体症状に現れるかについて書かれたこの本をきっかけに、心理学や心理カウンセラーに興味を持ちました。そして、普通ならば「協力しない人間が協力するようにするにはどうするか」と考えるところを、逆の視点から「人間はなぜ協力し合うのだろう」と考える進化心理学に出会い、引きつけられました。自分にぴったりくる学問に出会ったと感じ、以降、研究を続けています。

大学アイコン
森本 裕子 先生がいらっしゃる
宇部フロンティア大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、森本 裕子 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月12日(火)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月2日(土)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる