夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11227

生命の謎に迫る、ABO式血液型遺伝子の研究

赤血球の表面にある型物質の違いで血液型が決まる

 ABO式血液型は、赤血球の表面にある型物質(糖鎖)の違いをA、B、O、AB型と分類しています。献血に行くと、少量の血液を採取して血液型を調べますが、抗A抗体と抗B抗体という2種類の試薬に血液をそれぞれ加えて固まるかどうかを観察します。この検査は「おもて検査」と呼ばれています。

B型なのにO型?

 実は「おもて検査」だけでは正しい血液型がわからない場合があります。その1つが日本人に多いBm型です。このBm型は、本来はB型なのですが、赤血球のB型物質の量がほとんどなく、おもて検査ではみかけ上「O型」と判定されてしまうのです。なお、輸血では「うら検査」と呼ばれる血漿(けっしょう)の検査なども行われるため、きちんとB型の血液として取り扱われます。
 ヒトでABO式血液型物質がつくられる場所は、「骨髄」と、唾液腺や胃粘膜などの「粘膜・腺上皮」の2カ所です。このBm型は、粘膜・腺上皮ではきちんとB型だと判明するのですが、赤血球では一見してB型だとわからないという奇妙な特徴があります。この原因は、ABO遺伝子のコピー(転写)に必要である、骨髄で働くスイッチ(エンハンサー)に大きな穴が空いており、赤血球系細胞においてB遺伝子がコピーされていないためです。

Bm型から推察される進化の過程

 Bm型の特徴は、ニホンザルと似ています。ニホンザルは、赤血球の表面にはABO式血液型物質がなく、粘膜・腺上皮には血液型物質があります。一方、類人猿であるチンパンジーでは、ヒトと同様に、どちらにも血液型物質が存在します。これは進化の過程で、最初は粘膜・腺上皮に型物質が作られ、次に赤血球に型物質が作られた証左ではないかと考えられています。
 Bm型であっても、通常の生活を送ることが可能です。しかし、こうした研究を重ねていくことで、血液型の存在が生命活動にどのような影響を与えているのかがわかるかもしれません。血液型の遺伝子研究は、まさに生命の根源に迫る作業なのです。


この学問が向いているかも 法医学、臨床検査学、輸血学

群馬大学
医学部 医学科 准教授
佐野 利恵 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 私は大学院に入ったとき、想定していなかったABO血液型の研究をすることになりました。それでも毎日、楽しく研究ができました。あなたも、自分の今考えていること以外にも視野を広く持ってほしいです。
 大学、大学院に進むと正解のない問いや仮説に対して、失敗をくり返してトライし続けることになります。私自身、大学院4年間のうち最初の3年間で取り組んできた研究が達成できず、やり直しになりました。失敗した経験はその後の力になります。若いときこそ失敗を恐れず、何事にも積極的に挑戦してほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 親が病気がちだったこともあり、しっかり生きていくために医師になりたいと思っていました。いざ医学部に入ると、患者さんとの距離の取り方の難しさに気づき、臨床医ではなく、法医学に進みました。法医学では、病気だけでなく、事故や事件に巻き込まれ、亡くなる方に対しても医学的に検討し、死因を確定します。また、時に身元が分からない人に出会うこともあります。血液型は個人の特定につながる有力なツールです。指導教授が血液型について研究していたということもあり、ABO式血液型についての研究をスタートしました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

医師/臨床検査技師

大学アイコン
佐野 利恵 先生がいらっしゃる
群馬大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、佐野 利恵 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月12日(火)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月3日(日)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる