夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11156

「水文学」でよりよい川の未来を創ろう!

人間の活動で変化する河川環境を知る「水文学」

 水の循環を扱う学問領域を、「水文(すいもん)学」と言い、その範囲は地域の川から地球全体の水循環にまでおよびます。水文学の研究では、川の防災や水資源量の把握のため、降水・蒸発などを考慮して、上流から河口までの水量の変化を数値化する「水文モデル」が作られてきました。河川の水量が予測できるようになれば、水の流れ方が変わるような大規模な河川工事などの人間活動や気候変動によって河川環境がどう変化するかもわかり、さらに、それらの今後の変化も予測出来るため、大変魅力的なツールであると言えます。

河川生物まで含めた「モデル化」

 将来の河川環境を予想するための「モデル」を作るには地道な環境調査も欠かせません。河川を調査する場合は、1年から2年という長期間、刻々と変化する要素の測定を行うこともあります。上流にダムができたことで、どんな影響があるのかといった調査もよく行われます。流れの速い場所、遅い場所、川幅の広い場所、狭い場所。こうした川の特徴も重要なチェックポイントです。
 さらに、水生昆虫などの川の生き物も「モデル化」の対象になり得ます。例えば、ヒゲナガカワトビケラなど、指標となる生物種を採集した現地調査結果(いるorいない、生息環境など)を水文モデルと組み合わせて機械学習手法なども活用して解析します。さらに進んだ研究では、流量や流速の変化などによって遺伝的分化や適応が起きているかどうかなども見ることができます。

多くの河川で地道なローカル研究が役立つ

 全国的な気候変動や地球温暖化の河川環境への影響については、まだまだ検討データが不足しています。これらの調査は10年以上のスパンで必要になります。開発工事だけでなく、気候の変化が及ぼす影響を数値化し、洪水時などの流れがどう変化するかも予測します。これは防災上重要な基本データにもなります。環境を含めた河川の総合的研究は、社会インフラに役立つ情報を提供するとともに、生態系の多様性を守ることにもつながるのです。


この学問が向いているかも 河川生態学、水文学

宮崎大学
工学部 工学科 土木環境工学プログラム 准教授
糠澤 桂 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 近年、毎年のように大規模な洪水などの河川災害が起きています。気候の変化や、河川とその周囲の開発も原因でしょう。防災対策は人命を守ることが第一ですが、河川の環境を適切に守っていくことも重要です。
 私たちが行っている研究は河川環境についてデータを集めて分析するもので、防災面だけでなく、環境に配慮した川づくりにも役立ちます。言ってみれば、よりよい川の未来に向けて研究できるという、大きな魅力がある領域だと思っています。自然や川、ダムなどに関心があるなら、ぜひ一緒に学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 父が土木建設業で、子どもの頃から土木工事や河川などが身近にあったこともあり、土木工学の分野への進学は自然な選択でした。大学では土木工事などの開発が自然環境にどのような影響を及ぼすかに興味が沸き、中でも特に人の手が入った河川の環境に関する研究が必要だと思うようになりました。そこで、「水の動き」に着目する水文学の手法を活用した河川調査を学べる大学院を選び、方法論を学びました。以来から、川が私の研究フィールドです。水文学を武器に、土木工学者の立場から、オンリーワンな河川環境の調査・研究をしています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

水環境・建設コンサルタント設計/ゼネコン施工管理/官公庁土木

大学アイコン
糠澤 桂 先生がいらっしゃる
宮崎大学に関心を持ったら

 宮崎大学は、「世界を視野に、地域から始めよう」のスローガンのもと、人的・知的・物的資源を共有し、機能を相補します。(1) 教養教育の一層の充実と質的向上、(2) 教育・研究基盤の強化、(3) 学際領域の教育・研究の強化と創出、(4) 地域および国際社会への貢献、を具体的な目標として、21世紀を展望しつつ、知の創造の殿堂として、活気に溢れ、魅力に満ちた学風と輝くキャンパスを築きます。また、地域と連携して宮崎の文化と風格を高めることを目指しています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる