夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.11152

春に春の花が咲くのはどうして? 不思議だらけの雑草研究

発芽と開花のタイミング

 世界でも有数の生物多様性の豊かな地域である日本には、約5500種の陸上植物が生育しています。多くの植物がそれぞれ決まった季節に花を咲かせ、実をつけます。ふだんは何気なく見ていることだけれど、考えてみると「それって不思議」と思いませんか。植物の体内には、周りの環境に合わせて発芽や開花のタイミングを決める精巧な仕組みがあるのです。

春の七草「ハコベ」の発芽や開花を考える

 春の七草の1つ、ハコベには、ミドリハコベとコハコベがあります。両種とも春に開花・結実しますが、発芽の時期は少し違います。ミドリハコベは「越年草」で、秋に一斉に発芽し、葉の状態で冬を越して春に開花・結実します。コハコベは「一越年草」で、夏や秋に発芽する個体もあれば、春に発芽する個体もあります。
 両種の発芽のタイミングを分けるのは、地面の温度変化に対する種子の性質の違いです。ミドリハコベの種子は、地面の温度が高い夏の間は発芽しません。一方コハコベは地面の温度が高くても発芽します。またミドリハコベの種子は、地面の温度が低い冬は休眠しますが、コハコベは低温に遭遇すると、開花が誘導される「種子春化」が起こるため、春にも発芽します。この性質の違いには、種子に含まれる植物ホルモンの働きが大きく影響しています。

生物多様性や環境の保全につながる雑草研究

 雑草にはいくつかの顔があります。食料や薬などに用いられる有用資源生物、反対に農業有害生物としての顔のほか、侵略的外来生物、絶滅危惧種としての顔です。昔から水田のあぜなどで生育してきたアゼオトギリは、環境省が2000年に行った調査で絶滅危惧IB類に指定されました。これをきっかけに研究が進み、生育地では住民らによる保全活動が進められています。こうした活動は多くの動植物がいる水田の生態系を守ることにもつながります。
 雑草の研究はあまり進んでいません。今後、発芽や開花の仕組みをはじめとした生態が解明されれば、生物多様性や環境の保全、作物の生産性向上にもつながると期待されています。


この学問が向いているかも 植物学、雑草学

新潟食料農業大学
食料産業学部 食料産業学科 アグリコース 教授
吉岡 俊人 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 農学には生物機能の開発、食料の生産、環境の保全という3つの社会的使命があります。地球温暖化や資源の枯渇、生物多様性の減少などが起こり、企業も環境への配慮が必要になりました。世界人口の急増で農業は成長産業となり、新しいアイデアが求められています。
 そんな中で行動のヒントになるのが「Think globally, act locally」です。例えば、地域の水田環境の保全は、地球の生物多様性を守ることにつながります。農学を志向するなら、社会的使命を考え、身近なところから行動しましょう。

先生の学問へのきっかけ

 幼い頃から植物に興味があり、小学校の卒業文集に書いた将来の夢は「麦と米の雑種の『ムメ』を作る」でした。進学した大学の農学部には、全国的にも珍しい雑草学の研究室があり、育種と迷った結果、未知の世界が広がっている雑草学を選びました。大学院では雑草の発芽について研究し、卒業後は民間企業で除草剤の研究・開発に取り組みました。大学に転職したのは、種子の発芽を研究していた教授の研究室が、研究員を募集していたのがきっかけです。いまだに未開拓の分野が多い雑草の研究は、面白い発見がたくさんあります。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

県職員 農業試験場技師/農業高校教員 園芸担当/環境コンサルタント 生態系調査/食品会社マーケティング 乳製品輸入

大学アイコン
吉岡 俊人 先生がいらっしゃる
新潟食料農業大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、吉岡 俊人 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月31日(日)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月2日(土)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる