夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10756

海からの災害をしなやかに防ぐための学問、海岸工学とは?

島国の日本では欠かせない学問

 海岸工学とは、土木工学の中でも、海岸付近における開発や防災、環境保全などについて研究する学問です。人間と海との関わり合いについて研究する海岸工学は、周囲を海に囲まれている島国の日本においては、欠かすことのできない研究分野です。

津波や高潮はどれだけ防げるのか?

 海に起因する災害として、津波や高潮がよく例に挙げられますが、それぞれの発生メカニズムや特徴はかなり異なります。津波は地震によって突然発生するので予測が難しく、外海に面した海岸に大きな波が来襲して被害をもたらします。一方、高潮は台風や低気圧によって発生するため、ある程度の予測が可能ですが、外海よりも湾の奥で大きな潮位上昇が生じて浸水被害が発生します。こうした違いを理解した上で、海岸工学では、堤防などの防災施設の設計や避難計画を検討していきます。
 堤防は、高く大きなものにするにも限界があります。東日本大震災で発生したような高さ十数メートルクラスの津波は防ぐことができません。現在の防災は、数十年から百数十年に一度発生する程度(レベル1)の津波や高潮は堤防などの構造物で、それより大きな最大クラス(レベル2)の津波や高潮は避難計画などのソフト面で対策を準備するのが、基本的な考え方となっています。

石油コンビナートなどからの災害を防ぐために

 化学物質を扱う工業地帯や、石油や天然ガスなどの貯蔵施設、原発などを津波が襲えば、深刻な災害が発生する危険性があります。しかし日本では、そうした産業施設についての情報は特別な法律で管理されている場合が多く、産業災害への対策が十分とは言えません。欧米諸国のように、防災に必要な情報をよりオープンにして、地域住民も含めて共有していくことが必要です。
 自然の猛威による災害を100パーセント防ぎきることは不可能です。しかし、災害でダメージを受けても、よりしなやかに立ち直ることのできる社会をめざすことはできます。海岸工学の研究は、そうした社会を築くための確かな礎になるのです。


この学問が向いているかも 土木工学、海岸工学

大阪大学
工学部 地球総合工学科 社会基盤工学コース 教授
青木 伸一 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 工学部で学ぶ学問というと、実験室に閉じこもって研究するといったイメージがあるかもしれませんが、社会基盤工学(土木工学)は、非常に大きなスケールの学問です。自然や社会全体を相手にしながら、そこに人間がどのように関わっていくべきかを学んでいきます。
 あなたの日々の生活の中にある、さまざまな分野の話題に、積極的に関心を持ってみてください。ほんの少し視野を広げただけで、そうしたテーマの一つひとつの関係性が見えてくるはずです。

先生の学問へのきっかけ

 私は香川県出身で、中学・高校時代に計画されていた瀬戸大橋に憧れを抱いていました。ああいったスケールの大きな建造物を作る仕事に携われたらと思うようになり、大学では土木工学を学ぶ道に進みました。当時はそれほど海という存在にこだわっていたわけではないのですが、土木工学の中でも海岸工学の研究をするようになって、港の建設など沿岸域の開発、沿岸の防災、砂浜や海岸環境の保全など、人と海との関係について考えるようになり、今に至っています。面白い巡り合わせだなあと思います。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

建設会社土木施工/建設コンサルタント土木設計/鉄道道路維持管理/官公庁インフラ計画

研究室
大学アイコン
青木 伸一 先生がいらっしゃる
大阪大学に関心を持ったら

 自由な学風と進取の精神が伝統である大阪大学は、学術研究でも生命科学をはじめ各分野で多くの研究者が世界を舞台に活躍、阪大の名を高めています。その理由は、モットーである「地域に生き世界に伸びる」を忠実に実践してきたからです。阪大の特色は、この理念に全てが集約されています。また、大阪大学は、常に発展し続ける大学です。新たな試みに果敢に挑戦し、異質なものを迎え入れ、脱皮を繰り返すみずみずしい息吹がキャンパスに満ち溢れています。

TOPへもどる