夢ナビWebセレクション

高知県立大学の教員による講義

関心ワード
  • 環境、
  • 空気、
  • 微生物、
  • 衛生、
  • 温度、
  • 湿度、
  • 教室、
  • 換気、
  • 二酸化炭素(CO2)

見えない物質を「見える化」し、室内環境を改善!

空気中に存在するさまざまな物質

 生きていくために空気は不可欠です。その空気を採取し測定してみると、浮遊粉じんや有毒ガスなど、人間の健康に影響を及ぼしかねない物質が含まれていることがわかります。空気に限らず、土壌や水中など、私たちを取り巻く環境にはさまざまな物質が存在していますが、そこに潜む有害因子を「見える化」し、環境改善に生かそうという研究が進んでいます。

環境衛生の視点

 床や壁などの汚れの原因となる微生物を空気中から探し出すことで、室内の環境改善に役立てることができます。例えば、調理室など衛生管理の徹底を求められる場所では、微生物の種類を特定することで、汚れそのものを持ち込まない方策も立てられます。土に由来するものであれば、調理室の入り口で履物を交換すれば侵入を防げます。また、汚れがひどい場所を特定し、重点的に清掃することも可能です。
 同じく温度や湿度も測定して「見える化」できます。例えば、国が定める基準では、教室の温度は「17℃以上、28℃以下」、湿度は「30%以上、80%以下」が望ましいとされています。これらについても、熱中症の予防や、より快適に学習する、という環境衛生の視点も合わせて設定を考えてみることが必要です。

換気の指標はCO2濃度

 学校の授業でも、ウイルス感染予防策の1つとして室内の十分な換気が求められるようになりました。ただし、窓や扉を開けると外や隣室から声が聞こえることもあり、季節によっては冷暖房も必要ですから、ずっと開放しておくのは得策とは言えません。国の規定では、室内のCO2濃度を1000ppm以下に保てばよいことになっており、測定機器を設置して室内のCO2濃度を測定して数値化し、換気の指標にする取り組みも進んでいます。
 見えないものを「見える化」し環境改善に生かす試みは、社会環境が複雑化する現代の公衆衛生学において、これからますます重要になります。

この学問が向いているかも 環境衛生学、食品衛生学、公衆衛生学


健康栄養学部 健康栄養学科 教授
小林 淳 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 自分は将来、何になりたいのかを、高校生のうちに考えてください。私が高校生の頃は情報収集の手段が少なかったので、友人と深く議論することで自らの考えを整理し、進路を決めました。
 今はPCやスマホで簡単に検索でき、たくさんの情報を得ることができます。その中から興味や関心の対象を知ることができれば、どういう職業に就きたいのか、自分の考えが明らかになっていくはずです。またオープンキャンパスやWeb動画などを積極的に活用し、4年という時間を過ごす大学との相性を探ることもお勧めします。

先生の学問へのきっかけ

 「ものを測る」ことが好き、というのが原点です。私は薬学部の分析化学分野の出身で、卒業論文は水中の有害金属測定がテーマでした。微量な金属を測るために試薬を作り実験を繰り返す毎日が、とても楽しかったのですが、友人と夜中まで研究室でワイワイすることが楽しかった、とも言えます。そんな生活を続けたくて大学院に進み、後輩を指導する立場になったとき、私が教えたことを後輩が理解する姿にやりがいを感じ、教育職に就きました。現在は公衆衛生学という視点で有害物質を測定し、環境改善などに役立てる方法を研究しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

薬局、歯科あるいは地方公務員管理栄養士/分析機器メーカー研究員/化粧品会社技術者/学術出版社社員/銀行員/大学教員

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.