夢ナビWebセレクション

高知県立大学の教員による講義

関心ワード
  • 意識、
  • 自己、
  • 言葉(ことば)、
  • アルツハイマー病、
  • 認知症、
  • 介護

アルツハイマー病の人の世界を理解する

私たちの意識は、言葉がつくりだしている

 言葉はコミュニケーションや思考の道具ですが、その根源的な働きは連続している世界を区切り、私たちの意識をつくることだと考えられています。ところで初恋ってどのような感じですか。小学校2年生の時、○○さんに、△△くんに廊下で出会うと胸がドキドキしたり、顔が赤くなったり、夜ベッドの中で○○さん、△△くんのことを想うと涙がでてきたり。もし「初恋」や「恋」という言葉が存在しなければどうなりますか。ドキドキするのは心臓が悪いのかな、顔が赤いのは熱があるのかな、涙がでるのは目の病気かなとなります。もし「空気」という言葉がなければ、「空気」の存在を意識できません。「昨日」という言葉で時間の連続性を断ち切らなければ、「昨日」という存在をはっきりとは意識できません。我々はすでに言葉で区切られた世界に生れ落ちるので、言葉の根源的な働きに気づかないのです。

言葉の背後の概念が少しずつ変化していく

 認知症の原因のひとつであるアルツハイマー病の人は、言葉の背後の概念が少しずつ変化し、それに伴って、言葉でつくられた世界も少しずつ変化していくと、考えられます。アルツハイマー病の人の介護は、とても難しいですね。それはアルツハイマー病の人と介護する人のコミュニケーションがうまくとれないことが原因だと思います。コミュニケーションを支えているのは、お互いの言葉の世界ですから、アルツハイマー病の人の世界を介護者がわからないことが、介護を難しくしているのだと思います。

もう一度、初恋って何

 先ほど、初恋ってどのような感じと聞きました。胸がドキドキしたり、顔が赤くなったり、夜ベッドのなかで涙がでたり。初恋という言葉をすでに知り、自己意識をもっていたあなたは、その時気づいたのです。恋をしている自分に。恋っていいですよね、愛っていいですよね。でも人は悲しい、さみしい、苦しいといった言葉ももってしまったのです。その時から、人は悲しみとさみしさと苦しみを生きる存在になったのです。

この学問が向いているかも 言語哲学、言語学、哲学


社会福祉学部 社会福祉学科 教授
横井 輝夫 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 「記憶とは自らに語ることである」、これはフランスの心理学者ピエール・ジャネの言葉だそうです。あなたが学んだことがあなたの記憶(知識)になるように、あなた自身に語りかけてください。学んだことがあなたの記憶として定着する順番は、「一言ひとことよく考えて書くこと」「しっかり読むこと」「他人と話す(討論する)こと」、そして最後は、「人の話(授業)を聞くこと」だと思います。先生の話を聞いているだけでは、あなたの知識にならないことを、あなたも経験的に知っているでしょう。あなたがあなたに語りかけてください。

先生の学問へのきっかけ

 私は、理学療法士として介護老人保健施設や精神科病院で、たくさんの認知症の人と向き合ってきました。また重度の認知症だった義父と一緒に暮らした経験から、認知症の人の言動の意味を説明したいと思いました。それが、現在の研究テーマのきっかけです。意識は、自分以外のものやことに向かう意識と自己に向かう意識(自己意識)に区別されています。当初は自己意識から認知症の人の言動の意味を説明しようとしていましたが、現在は、自己意識を存在させる言葉からアプローチしています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

病院ソーシャルワーカー/社会福祉協議会ソーシャルワーカー/児童福祉施設ソーシャルワーカー

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.