夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.10653

漢字の使われ方から、古代の人の考え方を読み解く!

か・じつ・にち・び?

 「11月3日は祝日で日曜日です」。この文には、「日」という漢字が4回出てきますが、すべて読み方が違います。外国人が日本語を学ぶ際、とても苦労するのがこの漢字の読み方です。なぜ一つの漢字に対して、複数の読み方が存在するのでしょうか。漢字とその読み方を知るには、『万葉集』や『日本書記』など古代の文献にまでさかのぼることが必要です。まだ、ひらがなもカタカナもなく、すべてを漢字で表現していた時代です。

「可我見」「作楽」はなんて読む?

 日本では古くから、中国から入ってきた漢字を使用していました。しかしその使い方はとても自由で、当て字も自由自在、好きなようにアレンジをしていました。例えば、『万葉集』に出てくる「可我見」。これは鏡のことです。カガミという読みが合っているだけでなく、「自分を見られるもの」という鏡の機能もよく表しています。ほかにも、桜は「作楽」と書かれており、桜の木の下で楽器を奏でながら花見を楽しんでいた様子まで伝わる表現となっています。ほんの一部の人しか読み書きができなかった時代でありながら、非常に教養の高い人たちが存在し、このように漢字を創意工夫して使っていたのです。

古典の漢字から日本人の世界観を探る

 このような当て字の事例は、古代の文献に多くみられます。現代まで使われているものもあれば、そうでないものもあり、これらを分類し、分析する研究が進められています。そもそも言葉の使い方を通して、物のとらえ方が見て取れます。例えば、「A君はじゃんけんでB君に勝った」と書くか、「B君はじゃんけんでA君に負けた」と書くかで、その人が何に焦点を当てて物事を見ているかがわかるのと同じです。
 当時の人がどの漢字をどのように選び、どう使ったのかという研究は、当時の日本人が言葉と文字で、この世界をどう認知していたかを理解する研究でもあります。そして、過去の文献から人間の思考や行動を読み解き、「人間とは何か?」の一端がつかめれば、それは人間の未来を見通す材料にもなり得るのです。


この学問が向いているかも 日本語学、漢字学

奈良女子大学
文学部 言語文化学科 日本アジア言語文化学コース 准教授
尾山 慎 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 「この話を誰かにしたい!」。そう思える知識や経験を、大学生活において一つでも多く手に入れてほしいです。そのことがあなたの大学生活はもちろん、人生をも豊かにしてくれるでしょう。そのためにも、就職先など限定的なことだけにとらわれず、自分自身が心から楽しい、好きだと思えることを見つけてください。
 「日本語学」などの人文学は「人間学」とも言われており、「人間とは何か?」という根本的な問いかけと向き合う学問です。あなたも、人間行動の根幹を支える言語を学び、人間について考えていきませんか。

先生の学問へのきっかけ

 大学院生の時、ドイツ人留学生に日本語を教えていたのですが、とても苦労した経験があります。その時、日本語や漢字の持つ多様性を痛感し、日本語や文字表記についての興味が強まりました。また、私は実家がお寺で、小さい頃からお経が身近にあり、漢字に慣れ親しんでいたことも漢字を研究する後押しになったと思います。現在は文献だけでなく歴史学・考古学とも連携して、古代の木簡に書かれている漢字を調べるなど、互いの専門知識を生かしあいながら研究を進めています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

教師(中学校・高校 国語科)/事務職・営業(印刷会社出版社)/官公庁職員(県庁、市役所)

大学アイコン
尾山 慎 先生がいらっしゃる
奈良女子大学に関心を持ったら

 世界に誇れる文化と歴史に包まれた静かな環境の中で、奈良女子大学は、時代や社会の要請に応え、女性の高等教育機関として、高度な学術研究に基づく教育環境を提供し、自立して社会で活躍できる女性人材を養成しています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる