夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10643

「キャリアパス」は福祉人材育成の羅針盤

「キャリアパス」が求められてきた

 福祉サービスは、利用者の生活の質を高める手助けをするとともに地域共存といった社会的な側面も求められ、多面的な支援を行う高度なスキルが必要となります。そのためには福祉サービスの担い手の人材育成が重要な課題であり、サービスを提供する組織だけに任せるのではない一律の指針が求められてきました。人材育成には、めざす職務に必要な求められる能力や条件などを明確化した「キャリアパス」が欠かせません。しかし、形ある製品と異なり、サービスの基準が言語化しづらいことから、福祉分野ではキャリアパスの導入が遅れていました。

具体的な行動目標

 そこで、学術界からグラフィカルな(図式化された)キャリアパスが提案されました。縦軸に一般職・管理職などの段階、横軸に専門性や組織性に関する学習領域を示すカリキュラムという構造です。それぞれの項目の交点にはその時点での目標を書きます。ただし抽象的な表現では言葉のとらえ方が人によって異なり、指導や評価が一貫しない危険性があります。そのため、「法人内のほかの部署を把握している」「ボランティアの受け入れができる」などの具体的な行動目標を書くようにします。さらに、職務を数段階に細分化することにより、目標達成の機会を増やし、職員のモチベーションの維持を図るという工夫も盛り込めます。また、キャリアの多様性を示す場合は、進むコースを選択できるように縦軸を複線型にしてキャリアパスを作成します。

学問としてスタートした福祉人材育成

 キャリアパスは管理職側にもメリットがあります。評価基準があいまいな場合は主観的な評価になりがちですが、具体的な行動目標があることで客観的な指導や評価につながります。
 現在の日本は福祉サービスの人材育成に力を入れており、積極的に人材育成をしている職場を評価する「福祉人材認証評価制度」が始まっています。福祉人材育成は学問としては始まったばかりであり、今後の研究の広がりが期待される分野です。

参考資料
1:「キャリアパス」の見本

この学問が向いているかも 社会福祉学

高崎健康福祉大学
健康福祉学部 社会福祉学科 教授
永田 理香 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 福祉ではコミュニケーション能力がとても大切です。「コミュニケーション」の定義は同じ意味を共有することであり、一方通行ではコミュニケーションとは言えません。相手の立場に立って、相手の枠組みで物事をとらえるという姿勢が福祉専門職の原点です。思い込みや先入観を克服していくことが大事です。
 それには、自分自身を客観的に見つめる力が必要となります。友人と話す時でも、相手の気持ちをそのまま受け止められているかどうかを意識してみましょう。そういった積み重ねがコミュニケーション能力を高めます。

先生の学問へのきっかけ

 大学で教育学を学び、卒業論文は中世ヨーロッパの徒弟制度の教育機能について研究しました。ドイツのツンフトにおける徒弟制度は、人材育成の起源でもあります。ほかの学生があまり選ばない題材の研究だったことから先生に褒められ、研究の面白さに目覚めました。修士の時に、自分にプラスとなるアルバイトをしようと福祉の分野に関わり、福祉専門職の研修事業に携わるようになりました。教育学から福祉学へと研究内容は移っていきましたが、卒業論文で書いた人材育成の起源が軸になって、学問がひとつながりに続いていると感じています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

医療ソーシャルワーカー/精神保健福祉士/官公庁福祉職/福祉施設相談員/福祉施設介護職員/社会福祉協議会職員/大学助手/大学事務員

大学アイコン
永田 理香 先生がいらっしゃる
高崎健康福祉大学に関心を持ったら

 高崎健康福祉大学は「あなたの笑顔が、わたしの笑顔」となるために7つの道で考え抜く大学です。乳幼児からお年寄りまで、あらゆる世代をカバーする「健康」「医療」「福祉」だけに特化した5学部・8学科をそろえ、人を支えることの出来る、前向きなチカラを育てています。

TOPへもどる