夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.10599

家畜の健康を守って、持続可能な畜産を実現する

畜産現場の日常的な課題

 畜産に重大な被害を及ぼす家畜の伝染病である口蹄疫や鳥インフルエンザは有名でしょう。しかし、関係者の努力の成果もあり、このような病気の病原体は現在、国内に常在しているわけではありません。むしろ、畜産の生産現場で問題となっているのは、幼い鶏や豚がかかる風邪や下痢をはじめとする日常的によく見られる病気です。生産者はこのような頻発する病気の治療や、場合によっては病気の家畜を廃用することもあり、多大な負担となっています。また、こうした病気を予防・治療するために抗生物質が多用されると、耐性菌ができてしまい、治りにくくなることや異なる病気が発生する恐れも抱えています。

抗生物質に頼らず、家畜を元気にする

 そこで、抗生物質に頼らず、家畜の健康を守るための研究が注目されています。その一つが飼料に混ぜる添加物の開発です。米焼酎の生産で有名な熊本県では、製造の際にできる「焼酎かす」を抗生物質の代替にできないかという研究が行われています。これは、人間がヨーグルトを食べて腸を元気にするのと同じ発想です。
 また、畜産現場では毎年、相当数の牛が白血病と診断されています。白血病のかかりやすさには遺伝的な要素があることがわかっており、遺伝的メカニズムを解明する研究にも期待がかかります。

持続可能な畜産をめざす

 近年、日本でもIT(情報技術)を取り入れた大規模経営をする畜産家が増えています。畜舎の温度や湿度、気温と家畜が食べる餌の量との関連や、出荷される肉量などをすべてデータで管理し、生産性を上げることに成功しています。このような工夫により、生産者は休暇も取りやすくなり、女性が働きやすい環境も実現できるでしょう。しかし、日本には家族経営型の伝統的な畜産に支えられてきた歴史があります。今後、両者のいいところを融合して新しい畜産のあり方を作り出していくことが重要となるでしょう。また、家畜を国内で生産し、国内で消費するためには、環境負荷を下げながら持続可能な畜産を実現することが必要です。


この学問が向いているかも 動物生理学

東海大学
農学部 動物科学科 講師
稲永 敏明 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 東海大学農学部は熊本県にあり、九州各地をはじめ、全国から動物好きな学生が集まって、日々、授業や実習、実験を行っています。
 私たちは単に飼育技術を教えるだけではなく、動物を科学的・総合的に幅広い視野で見ることができる人材の育成をめざしています。自ら飼育ができるだけではなく、指導的な立場に立つ人、トラブルがあった時にも柔軟に対応し、常に新しい発想でチャレンジできるような人を育てたいと思っています。動物が好きな人はもちろん、そうでもない人も、東海大学農学部で一緒に学びませんか?

先生の学問へのきっかけ

 もともと、ホルモンの働きなど生理学に興味があり、大学の獣医学科で学びました。その後、再生医療の研究者の道を志した時期もあったのですが、最終的には獣医師の資格をいかして県職員として勤めることになりました。そして、家畜の病気を毎日のように検査する中で、家畜の健康を守るための研究に打ち込みたいという思いが強くなり、再度、研究の道に戻ってきました。私たちが安心で安全な畜産物を食べられるのは、生産者や関係者の絶え間ない努力のおかげです。私も研究者の一人としてその安心・安全に貢献したいと思っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

農業高校教員/食品会社営業職/飼料会社営業職/市役所職員/農業協同組合職員/養鶏農場生産技術職/種豚会社生産技術職

大学アイコン
稲永 敏明 先生がいらっしゃる
東海大学に関心を持ったら

 東海大学は、全国のキャンパス(湘南・代々木・高輪・清水・伊勢原・熊本・阿蘇・札幌)に19学部75学科・専攻・課程を擁する総合大学です。「文理融合」の教育理念のもと、副専攻制度として、主専攻はもちろん主専攻以外の興味のある分野についても自由に学べるカリキュラムを用意しております。
 文系・理系の枠にとらわれない教育によって、柔軟な思考力とバランスのとれた総合力を身につけます。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる