夢ナビWebセレクション

立正大学の教員による講義

関心ワード
  • 人工知能(AI)、
  • データサイエンス、
  • データ、
  • インターネット、
  • ビッグデータ、
  • ビジネス、
  • マーケティング、
  • スポーツ、
  • 情報

すでに社会に不可欠となった、「データサイエンス」の成果

データが大事な資源となった時代

 これまでの世界では、金(きん)や石油が価値のあるものとして、経済の中心となっていました。しかし今では、その価値あるものがデータに替わりつつあります。このことに早く気がついたのは、インターネットの時代が来ると考え、パソコンのOS(基本ソフト)を作り始めたビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズのような人たちです。
 インターネットが一般化することによって、オンラインショップやネットの情報検索機能などが発達し、現在では「GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)」と呼ばれる、情報を扱う企業が大きく成長しています。

データとAIの融合

 こうした企業は、ネットを使って集めたビッグデータを顧客情報とひもづけることによって、ビジネスを広げています。この20年くらいの間に、こうした「データサイエンスがビジネスになる」という認識が浸透してきました。例えば、ある人物のショッピングの履歴や移動履歴など多面的な情報を集めると、こういう人物はこういう購買行動を取るというマーケティングができます。そこには、AI(人工知能)をはじめとする各種ソフトや計算・情報集積を担うハードのコンピュータの発達も重要な役割を果たしています。膨大な量のデータを処理するには、コンピュータの情報処理能力が不可欠であり、どれが重要なデータなのかなどの取捨選択までAIが判断することで、ビッグデータがより活用しやすくなってきています。

あらゆる業種で使われているデータサイエンス

 データサイエンスの利用は、現在ではあらゆる分野に及んでいます。例えばスポーツの分野では、アスリートの筋力など個人データを計測してその選手に合ったトレーニングの効率化に生かしたり、映像を解析してデータ化することでチームの特性を分析し、それを戦略に応用したりするようになってきています。観光、気象、企業、交通など、デジタル化した情報は、さまざまな分野の情報と結びつけやすく、そうすることでより役立つものとなっていくのです。

この学問が向いているかも データサイエンス学


データサイエンス学部 ※2021年4月開設  教授
北村 行伸 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 デジタル社会となり、経済の構造が大きく変わりつつあります。AI(人工知能)の発達にともない、人間がやらなくてもよい職種が増え、どの大学を出たらどんな職に就けるという方程式が通用しなくなってきています。世の中の動きを見据え、それについていくためには、より根源的なことを勉強したほうがよいと私は思います。
 データサイエンスを勉強すると、社会のさまざまな変化に対応しつつ、自分のやりたいことが主体的にできるようになります。社会の変化に主体的に参加してどんどん世の中を変えていく人になりましょう。

先生の学問へのきっかけ

 私は、小・中・高生の頃はサッカーに夢中になっていましたが、その頃から社会科学的なことが好きで、漠然と、将来は会社員ではなくて、学者になるのではないかと考えていました。弱い立場の人たちの力になりたいという、社会的正義感のようなものがありました。最初は、哲学や歴史などに興味があったのですが、経済を勉強してみて、「この分野を究めれば、世の中の役に立つかもしれない」と考えて、取り組むことにしました。その中でもデータを分析していく実証研究というのは、理論よりも自分の性に合っていたのだと思います。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

起業者/金融機関 データリサーチャー/教育産業 世界の子供たちの教材製作/データ実証研究者

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.