夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10485

「実空間で感じる大きさ」と「写真で見た大きさ」の違いとは

「インスタ映え」する写真がなかなか撮れない?

 素晴らしい景色を見たら、写真を撮って、その感動をインスタグラムなどのSNSで共有したいと思う人は多いでしょう。でも、例えば雄大な山を撮影しても、写真で見るととても小さく写って迫力が伝わらず、がっかりしたといった経験をしたことはありませんか? これは、「実空間で物体を見た時に感じる大きさ」と「写真で見た時に感じる大きさ」には違いがあるからなのです。このような差が生じることから見えてくるのが視覚の情報処理の特徴であり、例えばこのようなことを研究するのが視覚情報処理学です。

脳の仕組みを映像技術に適用する

 客観的な大きさを記録している写真は、私たちが実際に見ている世界と同じではありません。これは、人には遠くのモノを大きく感じるという脳の癖があるからです。ということは、脳の中でどのような処理が行われているのかがわかれば、それを映像技術に応用することで、写真や映像を実際の見え方に近づけることが可能です。これが実現すれば、よりリアルな感覚を楽しめるようになり、エンターテインメント分野での発展が期待できます。また実用的な応用としては、例えばカメラによる遠隔操作や乗り物のシミュレーターがあります。モニターに映る映像と自分の感覚の差が縮まれば、事故の防止やより的確な訓練にもつながるでしょう。

「視覚」から脳の仕組みを解き明かす

 遠くのモノだけでなく、近くのモノもどうすれば実際の印象に近づけることができるかといった研究も進んでいます。人間は近くのモノを180度近い視野で広がりをもって見ています。一方、遠くのモノは大きく見えています。この3次元の見え方を2次元の写真や映像に再現することができれば、より実感に即したものになります。また、物を見ているときの脳波についても研究することで、より脳に関する理解が深まります。
 人間を理解するためには脳の構造や仕組みを理解することが必要ですが、それには視覚の研究からもアプローチすることができるのです。


この学問が向いているかも 視覚情報処理学

山口大学
工学部 知能情報工学科 准教授
長 篤志 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 私たちが世界をどのように見ているのか理解し、それを写真や映像に再現できるようになれば、これまでのさまざまな「ずれ」や「違和感」が解消され、生活しやすくなったり、楽しみが増えたりするでしょう。私は、視覚情報処理学の研究の先に「人の幸せ」があると信じて取り組んでいます。
 そして、写真や絵画、自然など、身の周りのモノを見て感じた違和感や気づきが研究へと発展するのも、この学問の面白いところです。モノの見え方に興味関心を持っているなら、ぜひ私と研究に取り組みましょう。

先生の学問へのきっかけ

 私は、視覚情報処理学が専門です。この研究を始めたのは、さまざまな体験により子どものころから視覚が不思議であることを感じてきたからです。例えば、雄大な山を見て感動したものの、写真で撮影した山はとても小さく感じ、この差はいったい何なのかと疑問がわいたのです。調べていくと、人が実際に物体を見た時に感じる大きさと、写真で見た時に感じる大きさには違いがあることがわかりました。現在は、「視覚を中心とした脳の理解とその映像技術への応用」をテーマに研究しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

IT企業情報技術者/製造業情報技術者/製造業設計

大学アイコン
長 篤志 先生がいらっしゃる
山口大学に関心を持ったら

 山口大学は「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」を理念に、9学部からなる総合大学です。英語の苦手な人も得意になれる! 山口大学のTOEICを活用した英語教育はすっかり定着しました。また、学生だからこそ考えつくアイデアに、資金を提供するプログラムとして「おもしろプロジェクト」があります。これら山口大学の個性的な取り組みにぜひご注目ください。

TOPへもどる