夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10446

「職業」作家としての芥川龍之介

作家としての個性

 芥川龍之介には、実の父と育ての父の2人の父親が居て、2つの家がありました。実の父の家系は江戸幕府と対立した長州藩の出身で、一方育ての父は母親の兄であり、代々徳川家に仕えた家柄である芥川家です。
 芥川がデビューする直前は、実の父親が牧場を経営し牛乳製造販売業を営んでいることを隠さずにいたのにもかかわらず、デビュー後に自分の家系のことを書いた文章では、芥川家を前面に出しています。これは作家を職業として意識した芥川が、作家としての個性を考えて意図的に発信した情報の操作だと考えられます。

メディアと作品の関係

 芸術に携わる作家であっても、職業として成り立たせるためには単に好きなことを書くのではなく、プロとして通用する技術や知見に加え、作品が世に認められるための戦略も必要です。芥川は、発表するメディアに対する作品の傾向を的確にとらえて執筆していました。彼の代表作と言われる「羅生門」は東大の雑誌である『帝国文学』に発表されました。この後、芥川は新人作家がめざす権威ある雑誌であった『中央公論』に「手巾(ハンケチ)」を発表しています。この作品はわかる人が読めば実在の人物を批判するものだとすぐに気づくものでした。内輪ネタとも思える作品をあえてこのメディアに書いたことは、極めて意識的な行為だったと考えられます。依頼されたメディアにはどんな読者層があり、何が好まれるのかをきちんと見極め、それに沿った作品を提供できるのも、作家の技術の一つだと言えます。

芸術を理解し職業として書く

 芥川は、芸術の崇高さを理解し、自らの表現に真摯に向き合った作家です。その上で、時代を見据え、自分のポジションを築くための道筋をきちんとつかめた人物だと言えるでしょう。一つの作品を読み解く時に、作家本人のパーソナリティや時代背景だけでなく、プロの作家としてのあり方を知ることで、作品の個性をより深く感じることができます。作家が選び取った一言一句に対して、解釈の可能性を広げる努力こそが、「文学」研究という学問なのです。


この学問が向いているかも 日本近代文学

横浜市立大学
国際教養学部 国際教養学科 教授
庄司 達也 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 将来を見据えて計画的に物事を進めることは大切であり、おろそかにするべきではありません。しかしそれとは別に、自分の中にある何かを、一所懸命に見続ける時間も必要です。さまざまなことに関心を持って自分を試してみることは、将来を見据えて計画的に進めることと何ら遜色のないものです。それは、あなたが将来を切り開いていくときの強い助けになるはずです。
 明日には、これまでとまったく別のことをやり始めたとしても構いません。今、自分が向き合いたいと思う「もの」や「こと」を大切にしましょう。

先生の学問へのきっかけ

 中学生の時に詩や小説の面白さを知り、高校生の時に演劇の魅力に取り憑かれました。文学の表現手法や媒体にも興味を持ったため、大学は文学部に進みたかったのですが、両親からは将来の就職を考えて経済学部や法学部に進学してほしいと言われていました。けれど、「どうせ4年間を過ごすなら、好きな文学の勉強を!」と両親を説得し、文学部へ進学しました。卒業論文以降、芥川龍之介を研究していますが、実は素晴らしい作家であるとは考えていますが、大好きだというわけではありません。「芥川龍之介」という存在に関心を持っているのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

高等学校国語科教員/塾講師/出版取次業/映像製作会社

大学アイコン
庄司 達也 先生がいらっしゃる
横浜市立大学に関心を持ったら

 横浜市立大学は、「実践的な教養教育」を導入しています。高度な専門知識を教養教育を通じて身につけ、バランスのとれた人材育成を図る教育システムです。日本を代表する国際港湾都市に位置する大学として、世界に羽ばたく人材の輩出を目的に、国際感覚を養うさまざまな取り組みも充実しています。個々の可能性を最大限引き出すための厳しい教育プログラムを愛情を持って進めていきます。

TOPへもどる