夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.10401

海外で日本庭園が人気なのはなぜだろう?

なぜ海外に日本庭園が造られているのか?

 現在海外には、約70カ国に500以上の日本庭園があります。日本庭園が海外で知られるようになったきっかけは、1873年のウィーン万博からです。日本庭園を見たことのない西洋人は驚きました。それまで鎖国をしていた日本の文化を知ってもらうためにも役立ちました。ヨーロッパでは、19世紀後半から20世紀初頭にかけてジャポニズムと呼ばれる日本ブームがありました。このブームで日本庭園もつくられました。戦後は国際交流の場としてさまざまな国と地域に日本庭園が造られています。

独自の文化から成り立つ日本庭園は心を癒す空間

 寺社にある日本庭園は宗教の影響を強く受けました。飢饉や戦いで人々の心が荒々しくなっていた時に、心を落ち着かせる場、修行の場であった寺社に日本庭園がつくられました。茶庭(露地)も、茶室に行くまでのアプローチとして心を落ち着ける空間です。また、江戸時代に造られた大名庭園は、日本の美しい風景を模したり、珍しい石を配したり、おとぎ話や和歌などをベースに空間を構成するなど、さまざまな工夫を凝らした庭園も造られました。日本は山や川、海、自然に囲まれて自然と共生すること、大きな樹木や巨石に神が宿るという自然を崇拝する文化があります。このような文化と歴史から、さまざまな日本庭園が心安らぐ空間として生まれてきました。欧米人も次第にそのような気持ちを理解するようになりました。日本文化を理解し受け入れるようになったのです。

より多くの人に利用してもらうための新しい取組み

 海外の日本庭園は園路がバリアフリーであったり、レストランやカフェを併設していたり、デザインや利用方法にも違いがあります。多くの人に訪れてもらうため、庭園内でロックコンサートを開くこともあるのです。日本には、素晴らしい日本庭園がある一方で、利用されず廃れかけたものもあります。多くの人に日本庭園を楽しんでもらうために、今度は日本が海外の知恵を学ぶべきなのかもしれません。


この学問が向いているかも 環境学、園芸学、造園学、自然環境学

南九州大学
環境園芸学部 環境園芸学科 講師
牧田 直子 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 南九州大学の授業は、座学と実学を兼ね備えています。キャンパス隣接の農場では、園芸、造園、自然環境の実験・実習を行っています。私は造園学分野で花やガーデニングを担当しています。植物のある暮らしは癒やしを与えてくれます。
 人の暮らしのなかに植物をどう取り入れていくのか、どのような空間を作っていくのかを植生やデザインなどを通して考えていきます。小さな庭から大きな街づくりまで、考える対象は広範囲です。興味があるなら、本学で社会に役立つ植物との暮らしを幅広く学んでください。

先生の学問へのきっかけ

 40歳まで住宅メーカーなどの民間企業で働いていましたが、美しい庭を設計したいと思い、一念発起して大学院に入学し造園学を学びました。その時にオーストラリアに日本庭園の調査に行き、カウラという小さな町のすばらしい日本庭園と出逢い感銘を受け、海外の日本庭園を研究テーマに決めました。実は海外には多くの日本庭園があり、日本にはない特色があります。中には多くの人がそこで楽しむことを重視しているものがあります。そのような海外の日本庭園を研究し、日本にある日本庭園の新たな活用を試みようとしています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

造園コンサルタント(公園や庭園、街づくり)の企画・設計/官公庁技術職(緑地課など)/教師(高校農業)/ガーデンデザイナー/環境緑化

大学アイコン
牧田 直子 先生がいらっしゃる
南九州大学に関心を持ったら

 国公私立大 合同進学オンラインイベント「夢ナビライブ2021Web in Autumn」に、牧田 直子 先生が参加! 先生の講義ライブ動画を10月12日(火)までオンデマンド配信するほか、Zoomで先生に直接質問ができる「講義ライブ質問対応・研究室訪問」を10月3日(日)に実施。夢ナビライブは、600名以上の大学教授や200近い大学がさまざまなプログラムを実施する大型オンラインイベントなので、まずは「夢ナビライブ」で検索してください。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる