夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10397

「アントレプレナーシップ(起業家精神)」を身につけるためには?

大学と社会の新しいつながり方

 大学で学ぶことと社会で学ぶことは、なぜこんなに違うのだろうと感じている社会人は少なくありません。これは、大学で社会経験を積めないことが原因です。もし大学で自分のしたいことを実践する場があれば、大学と社会のつながりはうまくいくでしょう。最近では学生時代に起業する人も増えていて、新しく事業を起こす人を「アントレプレナー」といいます。

起業するために必要なこと

 起業するには、事業を通して社会を変えたいという熱い思いとそれを実現するためのアイデアやビジネス化するためのスキルが必要になります。最も大事なのは一歩踏み出して実践し続けることです。事業にはさまざまなリスクや困難があります。何があっても続けるという意志の強さが求められるのです。
 会社に就職すれば、自分の人生を会社に預けることになります。もちろん、それも1つの選択ですが、自分でビジネスを立ち上げれば、人生を自分が選んだ仕事で生きることができます。そういう志向を学生時代から持つことが重要です。そのためには、起業ノウハウを学ぶだけでなく、どうすればモチベーションを保てるかを考える必要があります。机上の勉強だけでは、そのような実践的な知識を身につけられません。

ビジネスの実践者から成長サイクルを学ぶ

 ビジネスを始めるなら、当然、実際にビジネスの実践者の意見を聞きたいと思うでしょう。ビジネスの現場の状況をリアルに聞くことができるからです。学問的な知識の生かし方を知ることもできます。また、ビジネスで大切なのは、成長サイクルです。気づいたことから行動し、それを振り返り、自分のスキルとマインドに蓄積する、そしてそこから新たな行動を生み出すというサイクルを回すことが大切なのです。このサイクルを身につければ、ビジネスを持続することが可能です。それをいかに実践しているかを、現役のビジネスパーソンから学ぶことが有効なのです。


この学問が向いているかも 経営学、ビジネス論

武蔵野大学
アントレプレナーシップ学部 アントレプレナーシップ学科※2021年4月新設予定(構想中) 教授
伊藤 羊一(就任予定) 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 せっかく大学に進学したのに何を勉強していいかわからない、就職したのに会社で何をやりたいかわからない、そういう人は意外に多いものです。これは、自分が好きなもの、関心のあるものがないことが原因です。つまり、自分の人生を生きていないのです。この状態を続けることはよくありません。
 自分の生活を振り返ってみると、小さなことでも自分にとって興味があることは見つかるはずです。それを大きく育てていくことが、充実した人生につながります。ぜひ、武蔵野大学でそのような経験をしてください。

先生の学問へのきっかけ

 20代のとき就職したものの、社会と自分のつながりをつかめず苦労しました。一時的にうつ状態になったこともありましたが、そこから抜け出したとき、みんなと一緒に働くことは楽しいと思えるようになりました。リーダーの厳しさを感じたのは東日本大震災の時です。東日本の物流を復活させるためには、一時的にほかの地域を犠牲にする必要があり、企業の物流責任者としてその厳しい判断をしたときに、リーダーの決断とは何かを捨てることだと気づいたのです。この経験を生かし、社会人を対象としたリーダー育成に取り組んできました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

ベンチャー企業・NPOの創業、経営参画/地域創生/新規事業開発

大学アイコン
伊藤 羊一(就任予定) 先生がいらっしゃる
武蔵野大学に関心を持ったら

 武蔵野大学は、文・理・医療・情報系の総合大学です。2021年4月、「アントレプレナーシップ学部」を新設予定(構想中)。既存の枠にとらわれず、新たな価値を創造していく起業家精神(アントレプレナーシップ)を持った人材を育成します。2020年4月には、文系も理系も専門に活かせる学びができる新しい情報教育がスタート。12学部20学科になる武蔵野大学では、経済学、経営学、法学、文学、国際、語学、教育、薬学、看護、心理、福祉、工学、環境、建築などの学問分野が学べます。

TOPへもどる