夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.10358

言語発達に個人差があるのはなぜ? 子どもが覚えやすい言葉とは

言語発達の個人差

 0歳から1歳の子どもの言語発達には個人差があり、使える単語の量や内容にも違いが見られます。例えば、物の名前をおぼえるよりも、人とのかかわりに関心を持っている子どもの場合に、単語数はほかの子どもよりも多くはないものの、大人が話す言葉のリズムをまねるかのように、発音や意味が不明瞭な少し長めの文章のような発声をする事例が見られます。

言語に影響を及ぼす共同注意

 子どもの発達段階を知るためのバロメーターに「共同注意」があります。複数人が何かに注目するという現象で、自分、他者、対象の三角関係で成立します。共同注意には2種類あり、子どもが関心を向けているものに大人が寄り添う場合と、大人が子どもの注意を引きつける場合に分けられます。1歳前後の子どもは、共同注意の傾向によって習得する言葉に違いが見られました。母親と子どもが遊んでいる様子を観察すると、子どもが注目しているものに大人が寄り添ったほうが習得する単語数が多くなります。そのため大人がむやみに言葉を教え込むよりも、子どもの興味関心に寄り添うほうが言語習得には効果的だと考えられます。

言葉を発見していく子どもたち

 子どもが初期に習得する単語の中には「おてて」など、いわゆる赤ちゃん言葉のようなものもあります。赤ちゃん言葉は大人が長い文章を話している場合でも、その長い音のつながりの中から単語をピックアップしやすいという特徴があります。「目」や「手」など1音の言葉は、長い音のつながりの中では、単語なのか助詞なのかわかりにくいですが、「おめめ」や「おてて」だとみつけやすいというわけです。自分で言葉を探すので、言葉を覚えたばかりの頃は間違いも見られますが、徐々に修正され大人が使う言語に近づきます。そしていずれは、使い慣れた赤ちゃん言葉ではなく、自分も友人や家族と同じような言葉を使いたいという気持ちが、さらなる言語習得に影響を及ぼすと考えられます。


この学問が向いているかも 発達心理学

東北文教大学
人間科学部 子ども教育学科 准教授
福田 真一 先生

メッセージ

 子どもに関わる仕事をするうえで大切なのは、同じ目線を意識することです。子どもが何を考えているのか、何を見ているのかを常に考えるようにしましょう。大学には数多くの授業があるため、新たな知識を得て視野が広がると思います。保育学や心理学を専攻した場合、将来の選択肢は保育士だけに限りません。子どもについてもっと知るために研究を続けたいと思うのなら、大学院に進む道もあります。まずは興味関心のある分野に飛び込み、大学生活を送る中であなた自身がやりたいことを見つけてください。

先生の学問へのきっかけ

 進路選択の際、保育学と心理学のどちらを専攻するか迷っていました。日ごろ祖父母と接する中で「個人がそれぞれに充実した生活を送るために必要なことは何か」と疑問を抱き、まずは人を理解することが大切だと考え、心理学を選択しました。大学3年生のとき、ピアジェという心理学者が提唱した子どもの認知発達段階について学び、年齢によって子どもの考え方に違いが見られることに興味を引かれました。そこで感じた子どもの発達について詳しく理解したいと思いが、発達心理学を研究するきっかけです。

大学アイコン
福田 真一 先生がいらっしゃる
東北文教大学に関心を持ったら

 “自分らしさ”をのばし、人間性豊かな先生になる
 大学で学ぶための基礎を固め、専門教育へとつなげる「基礎教育科目」、教育・保育において必要な知識を修得する「専門教育科目」、教育や保育の現場で出会うさまざまな場面に応用できる、より専門的な知識と技術を修得する「専門発展科目」の三つの柱でカリキュラムが構成され、教育・保育のスペシャリストの養成をめざしています。
 また、学生一人ひとりの個性を大切にし、人間味ある先生となって子どもと関わり、未来を創っていってもらいたいと考えています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる