夢ナビ 夢ナビ

TOPへ戻る

講義No.10319

運動はなぜ健康にいい? 栄養学が解明する筋肉・脂質の謎

筋肉と遺伝子

 栄養学の原点は「人間はなぜ食事をするのか」という問いにあります。そして食事によって蓄えたエネルギーを多く使う筋肉は、栄養学の重要な研究対象です。例えば、長距離走の練習を毎日続けるとタイムが徐々によくなるのは、運動によって筋肉の持久性が高まるからです。また、寝たきりの生活をしていると体が弱るのは、筋肉が萎縮してしまうからです。このように、運動や生活によって筋肉の質が変わることを適応反応といいますが、そこには遺伝子の発現変化が深く関わっています。近年では、遺伝子の発現を調整し、筋肉の性質を変える因子の特定に成功しました。

脂質の質と筋肉の性質

 遺伝子発現と同じく、脂質も筋肉の性質の変化に関係しています。脂質はエネルギー源であると同時に、生体膜の構成、情報伝達なども行う物質で、生体内には1,000種類以上あるとされています。たくさんの種類がある理由や個々の働きについては、まだ解明されていないことが多くあります。
 筋肉には持久力を生む遅筋と瞬発力を生む速筋がありますが、近年の研究ではそれぞれの筋肉には異なる脂質があること、ある脂質が遅筋の性質にとても重要であることもわかってきました。筋肉を構成する脂質は、その種類の違いにより機能を制御しているのかもしれません。

筋肉の変化と動脈硬化の予防

 運動は動脈硬化を予防します。従来では運動すると善玉と悪玉コレステロールのバランスを改善し、動脈硬化を抑えるとされていました。本来、このバランスを変えるには相当強い運動が必要です。ところが実際は、ジョギングなどの軽い運動でも動脈硬化が抑制される例が多くあります。マウスを使ってより詳しく研究してみると、ジョギングなどの運動によって筋肉が遅筋になり、遅筋から分泌される生理活性物質が動脈硬化を抑制する可能性があることがわかってきました。こうした研究がさらに進めば、生理活性物質が分泌されやすい運動メソッドや食事メニューもつくることができ、動脈硬化の抑制に大きく貢献することが期待されます。


この学問が向いているかも 栄養学

静岡県立大学
食品栄養科学部 栄養生命科学科 教授
三浦 進司 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 将来、大学に入ったらどんなことを学ぼうかと悩むことも多いと思います。就職に有利な資格が取れることや、良い仕事につきやすいことも大切ですが、ぜひ自分が一番興味のある分野を選んでほしいと思います。
 というのも、教わったことを理解し、覚えることが重要な高校までの勉強とは違って、大学に入ると自ら疑問をもち、調べ、追究することが学びの中心になるからです。もっと知りたい、研究したいと思えるためにも、自分が興味をもち、大好きになれる分野を選んでください。

先生の学問へのきっかけ

 少年時代は、モノの売買やお金の流れなどに興味があり、漠然と将来は経済の分野に進むと思っていました。しかし、高校時代の化学の先生との出会いがきっかけで、化学に興味を持ち始めました。大学は薬学部に進学し、化学に加えて生物などにも興味を持つようになりました。卒業研究で所属した研究室で脂質の研究に出合い、そのまま大学院に進み、研究を続けました。大学院を修了後、製薬会社の臨床開発職やアメリカ留学、国立健康・栄養研究所を経る中で、栄養と運動がもたらす健康効果に魅力を感じるようになりました。現在は、大学で研究キャリアを磨きつつ、脂質や筋肉の働きについて栄養学の観点から研究しています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

食品企業研究開発職/医療機関管理栄養士/大学研究職など

研究室
大学アイコン
三浦 進司 先生がいらっしゃる
静岡県立大学に関心を持ったら

 静岡県立大学は、5学部9学科を有し、国際化・情報化・高齢化・環境問題という21世紀における最重要課題を展望しつつ、新しい時代を支える有為な人材の育成を目的としています。自主性や公共性を強く意識し、地域社会からの評価を得られるように、大交流時代において選ばれる大学を目指します。研究分野では、文科省のグローバルCOEプログラムに採択され、研究レベルが国内トップクラスといえます。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる