夢ナビWebセレクション

鳥取大学 農学部の教員による講義

関心ワード
  • ため池、
  • 水害、
  • 警報、
  • 農業、
  • 防災、
  • 減災、
  • 水文学、
  • 水理学、
  • 集中豪雨

水を知り、コントロールすることで地域を水害から守る

ため池の氾濫を防ぐ

 集中豪雨による水害が毎年のように起こっています。氾濫のリスクは川だけでなくため池にもあります。ため池は全国に20万以上もあり、大雨が予想されると管理者が取水栓を開けて放水し、氾濫を防いでいます。しかし、それだけでは追い付かないほどの大雨に備えて、ため池の「緊急放流装置」が開発されました。これは、もともとため池の水を排出する際の水流を使って発電する研究を応用したもので、サイフォン管という設備を余水吐(よすいばき:水を排出する部分)と別に設けることで、排水量を増やす仕組みです。

氾濫をシミュレーションする仕組み

 緊急放流装置でも足りず、ため池が溢れるケースに備えて開発されたのが「早期警報システム」です。これは、ため池に設置した水を感知するセンサーによって、ため池の水位が一定の基準を超えた際に周辺住民にメールや警告灯で危険を知らせる仕組みです。この基準水位の設定には、水理計算という手法が用いられています。これにより、雨が降ったときにどれくらいの量の水がため池に流れ込み、水位が上昇するのかを秒単位でシミュレーションすることができ、避難が必要なのか、いつ避難すればいいのかを、判断し警告することができます。

水を専門とする学問

 ため池の水位は、低いほど氾濫の危険性は減りますが、本来は農業に使う水ですから、むやみに減らすこともできません。そこで、放水量の目安となる「水位管理曲線」が作られました。その地域で行われる稲作(灌漑)に必要な水の総量を計算し、稲作が終わる時期から逆算することで、どの時期にどの程度の量の水がため池にたまっていれば灌漑に影響がないのかがわかるものです。大雨に備えてどの程度水位を下げるかは、ため池の管理者の判断に委ねられていましたが、これで放水の基準が明確になります。
 このように、水の流れや量、農業に必要な水を正確に知るために役立てられている学問を水文(すいもん)学や水理学、灌漑工学といい、地域の防災や減災にも大きく貢献しています。

この学問が向いているかも 水文学、水理学、灌漑工学


農学部 生命環境農学科 准教授
清水 克之 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 人の歴史は、水を利用し治めてきた利水・治水の歴史とも言えます。身近にあるので普段あまり気にすることのない水ですが、水の適切な使い方や管理を考えてそれを実践するためは、自然科学だけでなく社会科学の知識やアプローチが求められます。また、水の適切な使い方は地理、地形、気象条件によってもその考え方は異なります。作物、農地、農村、河川流域、国や地域といったさまざまな領域で適切な水の使い方について一緒に探求しませんか。

先生の学問へのきっかけ

 大学入学時は自分の専門分野を見いだせないまま、農学分野に進みました。しかし、先輩がカザフスタンの研究をしていたことに興味を持ち、私もカザフスタンに赴いて研究をすることにしました。英語も通じない土地で、一人で水田稲作の水利用に関する研究を行う中で、日本の水田灌漑(かんがい)の知見が、世界で役立っていることを実感し、研究者の道に進みました。大学の研究者となった後も、エジプトやナイジェリア、スリランカ、タイなど、さまざまな国に赴いては、農業に使う水やため池といった分野で研究を続けています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公務員(農業土木職,土木職)/農業土木・土木・建設コンサルタント会社(技術職)/建設会社(技術職)

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.