夢ナビWebセレクション

鳥取大学 農学部の教員による講義

関心ワード
  • 樹木生理学、
  • 紙、
  • 木、
  • 森林、
  • 環境、
  • 植林、
  • 自然、
  • フィールドワーク

謎の多い樹木と環境の関係を読み解く「樹木生理学」

人間の生活になくてはならない森林

 人は様々な形で森林の恩恵をうけています。紙や木製品の多くは、人が植えた森林や天然の森林から得られた木材でつくられています。また、大雨による土砂崩れを防いだり、強い風や高波から畑や住宅を守ったりするためにも、森林がつくられてきました。新たに森林をつくるには、より早く成長する樹木が適していると思うかもしれませんが、慎重に見極めなくてはなりません。例えば外来種の中にはとても成長が早い樹木がありますが、植える場所の環境に合わずに枯れたり、逆に環境に大きな負担を与えたりしてしまうことがあります。このように、人間と切っても切り離せない関係にある森林や植生、樹木について研究する学問を、「樹木生理学」といいます。

樹木と環境を分析する

 森林研究においては、フィールドワークも重要な手段です。実際に森に入って木の高さや直径を測ったり、周辺の土に含まれる水分量や無機養分を調べて、木が環境から受けるストレスを分析したりします。また、木が水を吸い上げる量と、その水を使って光合成する量を測って、木の「水利用の効率性」を調べることもあります。森林には、他の場所から水をもってくることは困難です。その地域に降る雨の量だけでは足りず、地下の水資源をどんどん使ってしまうようなとき、その植林は成功といえるでしょうか。

自然の複雑さに向き合う

 木はとても寿命が長いため、実際に木を植えた人がその結果を知ることなく亡くなることもあり得ます。だからこそ、森林や樹木、環境の性質をデータ化し、科学的に見極める森林科学の知見が求められるのです。
 自然環境はとても複雑で、因果関係がはっきりしない現象も多く起こるため、研究は簡単ではありません。しかし言いかえれば、解明されるべきことがまだまだ多く残されているわけです。樹木生理学は、地球全体で問題になっている自然環境の変化に向き合うためにも、大きな役割を担う学問なのです。

この学問が向いているかも 樹木生理学、樹木生理生態学


農学部 生命環境農学科 講師
岩永 史子 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 私たちの研究室では、乾燥地など厳しい環境に育つ樹木や森林について研究を行っています。森林に関わる研究分野は多様で、土壌や水、そこに存在する多くの生物など幅広い選択肢があり、それぞれが重要な要素です。樹木や森林の成り立ちや変化を考えるときに、それらの関わりを考えることが必要なのはそのためです。森林や樹木に関わる分野に興味が生まれたら、少し視野を広げて「関わり」について考えてみてください。意外なところに自分の興味があることに気づくかもしれません。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から山や田んぼに囲まれた環境で育ったこともあり、環境問題に興味をもつようになり、農学部へ進学しました。当初は、当時社会問題になっていた環境汚染を解決するために技術者になることを考えていました。しかし勉強を続けるうちに森林に興味を抱き、森林と、その中で生きる木や植物についての研究を行ってきました。森林や樹木が示すさまざまな現象について、「なぜそうなるのか?」を突き詰めて考えることに魅力を感じ、砂漠やマングローブ林に赴いては、樹木や、樹木と環境の関係性について考え続けています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公務員/造園業

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.