夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10099

太っている人とやせている人は、どっちが健康的?

日本と欧米では、肥満の基準がちがう?

 体脂肪が過剰に蓄積した肥満の状態は、さまざまな病気を引き起こします。しかし、実は日本と欧米では、肥満の基準が違っているのです。欧米では、体重(kg)を身長(m)の二乗で割ったBMI値が30以上を肥満と定義し、肥満の人は人口全体のおよそ30%を占めます。ところが日本ではBMI30以上の人は、わずか2~3%しかいません。そこで便宜的に人口30%を対象とするために、日本ではBMI25以上の人を肥満として線引きし、減量するよう指導しているのです。

少しぽっちゃりさんが、一番長生き!?

 しかし、2011年に「BMIと死亡リスクの関係」を全世代にわたって男女35万人を調査したところ、BMI25付近が最も死亡率が低いことが判明しました。高齢者などが高血糖・高血圧・高コレステロールなどの改善のために減量することは効果がありますが、他方でBMIを下げようと減量することで免疫能力が落ちて、感染症にかかりやすくなったり、がんの発生率が高まったりすることも知られています。過度な肥満を除けば、高齢者が減量することには合理性がないのです。
 また、若く健康な人が減量しようとしても、運動によって消費されるカロリーが意外と少ないこともわかっています。つまり運動が嫌いな人や運動習慣のない人が無理に運動しても、続かない上にあまり効果がないのです。そこで食事制限を柱に、階段の上り下り・歩幅を広くする・家事をこなすなどの日常生活の動作エネルギー消費「NEAT(非運動性熱産生)」を増やす取り組みが注目されています。

必要のないダイエット

 反対に、低体重を心配されるのが20代・30代の女性です。この層は食糧不足の終戦直後よりもBMIが低く、必要のないダイエットをすることで月経異常・摂食障害・胎児への影響などが懸念されています。スリムな体が美しいという先入観や偏見に気づき、正確な情報を得ることも健康のために必要なことなのです。


この学問が向いているかも 臨床医学、運動生理学

椙山女学園大学
看護学部 看護学科 教授
早川 幸博 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 これから高齢者が増え、看護師のニーズが高まる中で、看護学はとてもやりがいのある分野だと思います。病院以外にも行政・教育など多様な活躍の場があり、生涯にわたって働き続けることができます。
 でも、看護師である前に1人の人間として、自分のまわりにあるものや起こっていることを見て、自分の価値観にしたがって判断できるようになってください。それをトレーニングできるのが大学ですし、そのような力を身につけることは、能力とスキルを持って成長し続けられる社会人になることにもつながるでしょう。

先生の学問へのきっかけ

 9時から5時まできちんと働くサラリーマンや公務員は、自分におそらく向いていないだろうと思っていました。兄が医師だった影響もありましたが、どちらかと言えば消去法で医学の道に進みました。現在は、看護学部で病理学などの授業を担当しています。興味を持っているテーマは、今後増えていく高齢者を地域の中でどのように支えていくかという仕組みづくりです。私個人もそうですが、大学として関わっていくことも想定しているので、その取り組みにはあなたにもぜひ参加していただきたいです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

看護師/保健師/助産師

大学アイコン
早川 幸博 先生がいらっしゃる
椙山女学園大学に関心を持ったら

 時代をこえて
 自立した女性を育む
 女子総合大学として。
 
 椙山女学園大学の起源は、明治時代に創設された女学校にあります。日本が真に伸展するためには、女子教育を向上させ、女性がもつ力を社会の中で生かすことが不可欠と信じ、時代に即した先進的な学びに取り組んできました。そのスピリットは今に受け継がれています。いつの時代も揺ぎない一人の人間としての価値観を育み、凜と生きるしなやかで逞しい力を養成する女子総合大学ならではの豊かで多様な学びが、ここにあります。

TOPへもどる