夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.10072

人の身体感覚をサポートする「聴覚バイオフィードバック」

人は情報を総合して立っている

 人間は、何かの行動をするとき、外部からの情報に基づいて、自分の姿勢や動きを制御しています。例えば、自分がまっすぐに立っているかどうかは、視覚情報と前庭迷路系、固有感覚系という3つの感覚から総合的に判断し、バランスをとっています。
 前庭迷路とは、耳の奥にある加速度センサーで、平衡感覚を司(つかさど)っています。固有感覚とは、この場合は足の裏に感じる感覚のことです。軟らかい素材の上でまっすぐに立つことが難しいのは、足の裏の固有感覚が乱されるからです。

視覚障がい者の運動制御を聴覚で

 視覚に障がいのある人は、運動制御を視覚に頼ることができないので、運動がしづらくなりがちです。それなら、視覚の代わりに音によって知ることができないか、という発想から生まれたのが、「聴覚バイオフィードバック」の研究です。
 目が見える人は、固有感覚系や前庭迷路系による姿勢制御が正しいかどうかを、視覚で確認することができますが、視覚障がい者の場合には、その部分を聴覚で行おうという考え方です。姿勢がどうなっているか、筋肉がどう動いているかなどを、信号音の大小や周波数によって本人に知らせる仕組みです。

応用可能なバイオフィードバック

 聴覚に限らず、「バイオフィードバック」は、実はすでに私たちの身近にも実用化されています。ゲーム機の任天堂Wiiのように、プレイヤーの動作がゲーム画面に反映されるのは、視覚バイオフィードバックの技術です。つまり、バイオフィードバックは、障がい者の感覚を補うためだけでなく、さまざまな場面に応用が可能です。例えば、けがをしてリハビリテーションが必要な患者さんが体を動かせるようにするサポートもできます。リハビリテーションは、本人のモチベーションが上がることで効果も上がります。ゲームをクリアしていくように、自分の動きが視覚や聴覚で確認できるようになれば、それがやりがいとなり、モチベーションが上がることがわかっています。


この学問が向いているかも 理学療法学、福祉工学

筑波技術大学
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻 准教授
井口 正樹 先生

メッセージ

 自分が興味の持てることを見つけて、思い切り勉強してください。たくさん勉強することで、自分に自信がつき、さらにいろいろなことに興味を持てるようになります。
 私はかつて、視覚障がいがあることに対して劣等感を持っていましたが、目が悪い分、ほかの人に負けないように勉強しようと考え、がんばれました。つまり、自分の弱点が強みになったのです。あなたも、仮にハンディキャップや苦手なものがあったとしても、考え方を変えることで、それを自分の強みとすることができるはずです。

先生の学問へのきっかけ

 私は視覚に障がいがあったために理学療法士をめざし、大学院では反射の研究をしていました。筋肉に電気刺激を与えて反応を見るのですが、正しいデータを取るには、通常の筋肉の状態を一定にする必要があります。その時、たまたま研究室にあったスピーカーを利用して、筋肉が緊張していると音が出るような仕組みを作ってみました。使ってみて、これは便利だなと思ったのが、聴覚バイオフィードバックを研究することになったきっかけのひとつです。

大学アイコン
井口 正樹 先生がいらっしゃる
筑波技術大学に関心を持ったら

 本学は、聴覚障がい者、視覚障がい者のための唯一の国立大学です。学生の障がいや個性に配慮しつつ、障がいを補償した教育を通じて、社会的自立と社会貢献のできる人材を育成しています。
 その結果、毎年100%近い就職率を達成し、成果をあげています。
 本学に興味をお持ちの方は、大学説明会、オープンキャンパス、授業見学会などさまざまなイベントを実施していますので、是非一度、ご参加ください。
 詳しくは大学ホームページをご覧ください。

TOPへもどる