夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.10063

アルツハイマー病の発病の原因を探る

脳細胞は入れ替わらない

 脳は体が感じた情報を処理する器官です。見ることは目だけでできるのではなく、目からの情報を視神経で運び、脳が判断します。感覚や運動を制御する機能だけでなく、学習や記憶、感情の制御などを行う器官でもあり、人間性そのものだと言えるでしょう。
 脳は、一般的な器官と違い、細胞が入れ替わることはありません。かすり傷ができたとき、皮膚の細胞はすぐに入れ替わり1週間程度で治ります。血球細胞も3カ月もすれば、ほとんど入れ替わります。しかし、脳は生まれたときにほぼ全部の脳細胞ができあがっており、10代くらいまでに成長を遂げると、その後は増えることも入れ替わることもありません。脳の神経はコンピュータの基盤のようにネットワークをつくり、その部分ごとにさまざまな記憶をため込んでいるので、入れ替わるわけにはいかないのです。

アルツハイマー病は脳の病気

 ヒトは、ほかの器官が元気でも脳が死ぬと、目が見えなくなったり、記憶がなくなったりします。アルツハイマー病は認知症の一番の原因です。なぜアルツハイマー病になるかは、いまだに解明されていません。家族に発病歴がなくてもかかることから、遺伝性の病気でもありません。現在、脳の中に特有のタンパク質がたまることで脳細胞が死んでしまい、アルツハイマー病を引き起こすことまではわかっています。なぜたまるのか、どうしたらたまらなくなるのかを探るのが、これからの研究目標なのです。

増え続ける患者

 日本では2019年時点で80歳以上の4人に1人が認知症であり、そのほとんどがアルツハイマー型認知症だといわれています。世界では今のところ5000万人くらい患者がいて、このままいけば2050年には患者数が1億人を超えてしまうかもしれません。医学が進歩して寿命が延びたとしても、脳の機能が正常に働き続けなければ、幸せに生きることは難しいでしょう。世界中で共同研究を行い、アルツハイマー病のメカニズムを解明する必要に迫られているのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 生命科学

東京都立大学(現・首都大学東京)※2020年4月校名変更予定
理学部 生命科学科 准教授
安藤 香奈絵 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 大学での学びは高校と違って答えがありません。高校の勉強は答えがある問題について、どうやったら答えがうまく出せるかを考えるものです。
 情報のシェアが簡単になったことで、サイエンスの進歩は加速を続けています。大学で学ぶ生物学は、教科書に書いてあることでさえ正しいとは限りません。教科書は5年もたてば古くなってしまいます。どんどん新しいことが解明されています。次にその新しいことを見つけるのはあなたなのです。自分を信じて頑張ってください。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃は漠然と、新しい物を自分で発見できる研究者に憧れを抱いていました。大学で健康に関する研究ができる薬学部を専攻したことから、アルツハイマー病の研究に出合いました。いろいろな病気の原因が解明され始めていますが、アルツハイマー病に関してはいまだにわからないことがたくさんあることに驚きました。アルツハイマー病は、高齢者人口が増える将来、世界的に深刻な問題になります。現在は、世界の研究者と共同研究をしてアルツハイマー病のメカニズムを探っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

治験コーディネーター/化粧品会社研究員/製薬会社

大学アイコン
安藤 香奈絵 先生がいらっしゃる
東京都立大学(現・首都大学東京)※2020年4月校名変更予定に関心を持ったら

 東京都立大学(現首都大学東京)は「大都市における人間社会の理想像の追求」を使命とし、東京都が設置している公立の総合大学です。人文社会学部、法学部、経済経営学部、理学部、都市環境学部、システムデザイン学部、健康福祉学部の7学部23学科で広範な学問領域を網羅。学部、領域を越え自由に学ぶカリキュラムやインターンシップなどの特色あるプログラムや、各分野の高度な専門教育が、充実した環境の中で受けられます。

TOPへもどる