夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.10027

「食う・食われる」の関係でつながる昆虫の生態と生物多様性

水稲害虫の有力天敵のクモ

 自然生態系の中で生物は「食う・食われる」の関係でつながっています。害虫から作物を守ることが重要な農業分野では、この関係をうまく利用することが大切です。
 水田で稲につくウンカ・ヨコバイ類などの害虫を食べてくれるのが、クモです。したがって、水田には常に高い密度でクモがいることが理想的ですが、害虫も年に2~3回、1カ月ほどほとんどいなくなる時期があります。この間にクモが餌を求めてよそへ移動してしまうと、害虫が発生したときに対抗できません。

クモを水田につなぎとめる「つなぎの餌理論」

 水田内には、稲の害虫ではなくても、クモの餌になり得る生物が生息しています。腐植土から湧いてくるハエなどです。主要害虫の発生の合間にも、ハエが「つなぎの餌」としてクモに捕食されると、水田のクモの個体数を維持でき、害虫発生時に即対応できるようになります。そこで、水田に有機肥料を使用して栄養価の高い腐植土ができるようにすれば、発生するハエの個体数も増え、クモの個体数を維持できるはずです。これを「つなぎの餌理論」と呼んでいます。

オオルリシジミの保護と生物多様性の保全

 環境保護の例では、阿蘇には、オオルリシジミという絶滅危惧種の蝶(チョウ)がいます。オオルリシジミが食べるのはクララという食草ですが、草原にイネ科の雑草が生い茂ると、クララは育ちにくくなります。そこで、昆虫分布と草原環境の関係を研究してみると、野焼きや放牧をしている地区では、していない地区に比べてオオルリシジミの個体数が多いことがわかってきました。野焼きをすれば食草の生長はよくなり、放牧をすれば牛は苦いクララを食べずに牧草を食べるため、クララの成長を守ることになります。つまり、野焼きや適切な放牧をした方が草原のクララは生き残りやすく、オオルリシジミの生育環境の保護につながるのです。
 昆虫も植物も動物も、それぞれに個性を持ち、つながり合って生きている生物多様性の実態が見えてきます。


この学問が向いているかも 昆虫学、応用植物科学

東海大学
農学部 食生命科学科 教授
村田 浩平 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 大学で何を学ぶにしても、基礎学力はあった方がいいです。仮に苦手であったとしても、英語も数学も勉強しておきましょう。苦手なことでも逃げずに真正面から受け止め、今与えられたことを自分なりに一生懸命にやるという経験が、自分を強くします。
 そして、嫌われることを恐れず、好きなことをとことんやってください。そこでの人とのつながりで将来への道も開けてきます。幸せとは何かといえば、自分がやりたいことを早く見つけて、それにまい進していけることにほかなりません。

先生の学問へのきっかけ

 小学生の頃から学校も勉強も嫌い、枠にはめられるのが大嫌いで、自由気ままな「のび太くん」みたいな少年でした。男の子たちがやっていた野球から逃れるため、一人、昆虫採集に熱中。昆虫好きの父に連れて行かれたのがきっかけでした。中学に入ると天体望遠鏡を買ってもらい、天体観測にはまりましたが、昼間はやはり昆虫採集でした。興味のあることしかしないという姿勢は今日まで一貫しており、好きなら続けられるだろうと、昆虫生態学の道に進みました。昆虫研究は未知のことだらけ、何がどうリンクするかわからないから面白いです。

大学アイコン
村田 浩平 先生がいらっしゃる
東海大学に関心を持ったら

 東海大学は、全国のキャンパス(湘南・代々木・高輪・清水・伊勢原・熊本・阿蘇・札幌)に19学部75学科・専攻・課程を擁する総合大学です。「文理融合」の教育理念のもと、副専攻制度として、主専攻はもちろん主専攻以外の興味のある分野についても自由に学べるカリキュラムを用意しております。
 文系・理系の枠にとらわれない教育によって、柔軟な思考力とバランスのとれた総合力を身につけます。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる