夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.09955

住み続けられるまちづくりのために建築計画ができること

「続き間」が今になって注目されているわけ

 老いや病気などで療養している人のための環境は、より配慮されなければなりません。空間の使い方を詳細に観察・調査し、設計する際に配慮すべき点を提示していく研究分野が建築計画学です。例えば高齢者の介護を観察と聞き取りから使い方を考察した結果、現代人には敬遠されがちな「続き間」が上手に使われていることがわかりました。見守りやすいようにふすまを開けて利用したり、添い寝をする際に半分だけ閉めたり、気軽に空間の大きさや視線を調整できる融通性によって、簡単に療養環境に使い方を転換できることがわかりました。
 病院や福祉施設といった専門施設が引き受けていた時代が変わり、療養の場は再びまちに帰ってきています。住宅の改善のみならず、福祉施設と住宅の中間にあたるような「新しい建築のカタチ」が必要とされています。

地域の文化拠点としてのホスピス:イギリスの場合

 近代ホスピス発祥の地イギリスでは、市民からの寄付で運営されるグループホームのような小さなホスピスが各地域にあります。建物は使われなくなった大きな屋敷を改装して再利用しているケースも多く見受けられます。日本でも大きな家を持て余す高齢者が増える一方で、郊外では点々と離れた場所で暮らす高齢者を訪問する医師や看護師、介護士の不足が問題となっています。住み続けられるまちづくりや持続可能な介護を考えると、イギリスのホスピスのような小規模な集住形態が参考になります。地域の拠点として周辺の住民に支えられている点も注目です。

宮城県東松島市でのまちづくり事例

 宮城県東松島市で、大学と市が連携したまちづくりが進められています。民間と行政、大学が協力体制をつくり、住民との対話を重ねていくことで、そのまち独自の集まって住む新しいカタチなどを模索していくことになるでしょう。建築学は建築の提案はもちろん、制度の変更も含めたデザイン全体を主導する機動的な学問なのです。


この学問が向いているかも 建築学

東北文化学園大学
工学部 建築環境学科 教授
山本 和恵 先生

メッセージ

 建築は、とてもおもしろい世界です。まったく何もない状態から構想して建物をつくり、住んだり使ったりしてもらい、評価してもらうまでをひと通り経験することができます。幅広い研究領域の中から、大きな企画から細かいモノづくりまで、施主の希望を聞き表現する外向き仕事から図面と向き合う内向きの仕事まで、自分が好きなこと、興味のあることを専門にできます。
 建物は人のそれぞれの生き方を表現するものでもあります。空間表現は奥が深く興味はつきません。まずは、建築の世界に飛び込んでみてください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から絵を描くのが好きで美術系大学への進学も考えましたが、アートの部分もあり、国家資格も取れて一生の仕事になる建築に可能性を感じ、建築学科に進みました。大学では先輩方が夜通し設計し、模型を作り議論する活気ある姿を見て、1年生のうちから研究室や製図室へ通い、モノづくりの楽しさに目覚めました。そして広い研究領域の中から、専門性が高く厳密なプランニングが必要な病院建築を専攻しました。特に終末期を迎えた人たちが心地よく暮らせる場として、建築空間の本質を考えさせられる医療福祉施設を専門にしました。

大学アイコン
山本 和恵 先生がいらっしゃる
東北文化学園大学に関心を持ったら

 東北文化学園大学は、仙台・国見の丘にキャンパスを持ち、医療・福祉・社会・経済・工学・情報の幅広い学びができる総合大学です。「実学教育」を教育理念に掲げ、専門職業人を育成する大学です。2021年4月から新しい学部を設置し、学際的な教育環境がさらに充実します。また、「キャリアサポートセンター」の就職支援と相成って、例年高い就職率を誇り、卒業生は各業界で高い評価をいただいています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる