夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09902

古民家カフェは中東でも人気? ~観光から見る世界の変化~

中東の旧市街でも古民家カフェが人気

 日本では最近、古民家を現代風にリノベーションした古民家カフェが人気です。実は中東でも、モロッコのマラケシュやシリアのダマスカスに現存する旧市街では、古い建物を再生させたカフェやギャラリーなどが人気を博し、文化イベントや音楽ライブが多数開催されています。
 再開発された旧市街が観光客を中心に活性化すると、経済的に潤うだけでなく、地元の人びとも集う場としてさまざまな文化活動が創出されて賑わいが出るというプラスの効果が生まれてきました。さらに、観光地として世界から注目され人びとが集まると、自分たちの文化や社会的主張を国際社会に発信しやすくなるという利点も生まれています。

観光地化をめぐる問題

 他方で、伝統や歴史のある場所が観光地化して多くの人が集まると、さまざまな弊害も発生します。ひとつは、昔ながらの街並みや生活が失われてしまうということです。そして、大量の人が押し寄せることで、地価や物価が上昇するほか、騒音やゴミをめぐる問題も深刻化し、そこに住む人びとの生活が圧迫されてしまいます。これらの弊害は近年では観光公害と呼ばれ、その対策にと各地でさまざまな形で知恵が絞られています。中東諸国でも、行政のほかにもコミュニティ組織やNPOを中心とする市民運動が、これらの問題に積極的に対処しようと自発的な活動を展開するようになっています。

観光を抜きにしては語れない現代社会

 プラスの面もマイナスの面もあるにせよ、現代はもはや観光抜きには語れない時代です。事実、中東の人びとは観光客を受け入れるだけでなく、自らも旅行者としていろいろな場所を訪れて学び、自分たちの人生や社会を常に国際社会のなかに位置づけています。
 また、移民なども含めて、広い意味で人が移動することが当たり前の時代になっています。人が移動するということは、それにともない社会や人も変わります。観光研究は、そんな移動にともなう人や社会の変化や、あるいはよりよい社会のあり方について構想する学問領域でもあるのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 観光学

高崎経済大学
地域政策学部 観光政策学科 准教授
安田 慎 先生

先生の著書
メッセージ

 高校生のうちにたくさんの旅行を体験してください。日帰りでもいいですし、家族や友だちとの旅行でもかまいません。あまり深いことは考えず、まずは気軽に出かけてみてください。
 私も子どもの頃から、ひとりでふらりと電車やバスに乗っていろいろなところに出かけて、そこでさまざまな発見をしてきました。その経験が、今の研究の基礎となっています。学問上の理論は後から学べますが、旅行の体験は今この瞬間にしかできません。たくさんの旅行をし、多くの体験をしておくことは、この先のあなたの学びに必ず役に立つことでしょう。

先生の学問へのきっかけ

 小学校低学年の頃から旅行が好きで、電車やバスに乗ってふらっと出かけることが多くありました。また1年間生活をしていたオーストリアのウィーンでも、土日や祝日になると、15歳までの子どもは公共交通機関を無料で利用できる制度を利用して、市内のあちこちを旅行していました。そんな経験から、世界各地のいろいろな場所や、その地での観光に興味を持ち、誰も知らない中東の観光をテーマに研究を続けていこうと決めました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

旅行会社添乗員/ホテル従業員/鉄道会社社員/観光メディア・システムエンジニア/不動産会社社員/駐車場管理業者社員/イベント管理会社社員

研究室
大学アイコン
安田 慎 先生がいらっしゃる
高崎経済大学に関心を持ったら

 高崎経済大学は、約3万人近くの卒業生が全国各地で企業のトップや地域で官民リーダーとして活躍しています。本学の教育・研究の目的は、幅広い教養を身につけ、豊かで、幅広い人間性に富み、国の内外と地域の向上発展に寄与する人材を育成することです。また、「自主・自立」を理念とし、学生の自主性を尊重するとともに、自立性を助長することを大学教育全体の方針としています。
 全員が少人数のゼミナールに所属します。ゼミナールでは専門知識の取得とともに、地域・社会活動などのフィールドワークが取り入れられています。

TOPへもどる