夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09890

人と人とがつながる、ボランティアと国際協力とは

困っている人に、自分ができることを行う

 1995年の阪神・淡路大震災の時、日本全国から被災地に支援する人々が入り、活動を行いました。世界からも多くの支援が寄せられ、「ボランティア」が日本に根付くきっかけになりました。当時は自分にできることを考えて行う、ある意味自由な活動でした。しかし現在は、ボランティアに関するさまざまな情報があるものの、「ボランティアとはこういうものだ」「資格や技術がないと、ボランティアができないのではないか」と構えて考える人が増えているようです。本来ボランティアとは自発的なものです。心を動かされたら、想像力を働かせて実際に現地へ行くということです。

ボランティアとは、人と人とのつながり

 ボランティアに行くと「来てくれるだけでありがたい」と、待っている人が必ずいます。どれほどAI(人工知能)の技術が進んでも、最後は「人を救うには人しかいない」のです。AIの研究者がなぜ開発にいそしんでいるか、それはより良い社会の実現のためです。しかしその主役は人です。AIも活躍してくれるでしょうが、いくらAIがボランティア活動に介入しても、そこには人間同士のつながりは発生しません。ボランティアで一番大切なことは、人と人とのつながりなのです。

世界と自分とのつながりをつくる

 世界に目を向けた国際協力や国際貢献など、大きな話は実感しにくいものですが、日常生活でもできることがあります。生活者や消費者の立場から、世界各地で起こっている問題を考えることです。「自分が将来やりたいと思っていることは誰かを助けることになるか、社会に貢献するか、地球のどこにつながっているか」などに関心を持つことで、人の思考や行動が変わります。
 「私には関係ない」と考えるかもしれませんが、実は身近なところで密接につながっているものです。知識があればそれがわかりますし、正しい判断や決断も可能です。地球社会の問題を意識して考えることが、世界をより良い方向へ導くことにつながるのです。

地球市民として生きるために~私の第一歩~

夢ナビライブ2019 大阪会場

アイコン

「国際貢献」、「社会貢献」を考える

アイコン

ボランティアの条件について

アイコン

世界で大切な「5つのP」

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 国際学

甲南女子大学
国際学部 多文化コミュニケーション学科(仮称) ※2020年4月開設予定 准教授
高橋 真央 先生

メッセージ

 学生の間に、積極的にさまざまな体験をしましょう。海外留学もいいですし、一生懸命勉強すること、さまざまな人と出会うのもいいことです。それらの体験を通じて、あなたを取り巻いている人や場所、また社会の課題について知り、さらに「自分に何ができるだろうか」と考えることが大切です。
 例えばスマートフォンの蓄電池の材料となる鉱石をめぐって、産出国であるアフリカのコンゴは内戦状態となり、特に女性はひどい暴力の犠牲になっています。この1つの問題から世界をどう見るか、考える力を養いましょう。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃、心に残る2つの言葉に出合いました。1つはアフリカ・ルワンダでの大虐殺の時、現地スタッフが言った「この荒廃した国から子どもの未来を作れるのは『教育』しかない」というもの、もう1つは阪神・淡路大震災の時、テレビで流れた「人を救えるのは人しかいない」というものです。当時はまだ「ボランティア」へのなじみが薄く、なぜ全国から大勢の人が神戸に支援に来るのか不思議でしたが、2つの言葉で納得しました。大学は英文科でしたが、ボランティアと国際協力を理論的に考えたいと、大学院を経て研究の道に進みました。

大学アイコン
高橋 真央 先生がいらっしゃる
甲南女子大学に関心を持ったら

 本学園は、2020年に創立100周年を迎えます。長い歴史と伝統を受け継ぎながら、建学の精神「まことの人間をつくる」に基づき、誠実で品位のある女性の育成に努めてまいりました。管理栄養・看護・理学療法・言語・文化・子ども・心理などの専門領域の学習フィールドを備え、4学部11学科と幅広い分野において、社会で発揮できる能力や専門知識が身につく豊かな学びの環境を整えています。神戸の街と空、海を望むキャンパスには、あなたを大きく成長させる学びや出会いがあふれています。

TOPへもどる