夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09884

謎がいっぱいの英語は、どのようにしてできあがったか?

昔の英語はもっと複雑だった!

 英語は、最初から1つの言語だったわけではありません。450年頃、イギリスのブリテン島に渡ってきたゲルマン系のアングル人・サクソン人・ジュート人という3つの部族が使っていた言葉が合わさってできたものです。その後、11世紀に「ノルマン征服」があり、フランス語やラテン語が入ってきて、今日のような言語になりました。
 英語の授業で、三人称・単数・現在形の動詞にはsをつける「三単現のs」という文法を習ったと思いますが、かつての英語は一人称・二人称・三人称×単数・複数×現在形・過去形によって、それぞれに動詞が変化するもっと複雑な文法でした。それが時代を経て、使いやすい単純なものに変化したのです。

不規則な英語はなぜできた?

 英語には発音とつづりが一致しない単語が実に多くあります。例えば、debtは「デット」と発音し、bは発音しません。これは昔ほぼ同じ発音でdetteとつづったのですが、ある時代にこの単語の語源であるラテン語のマネをしようという運動が起こり、強引に発音しないbを入れてしまったという過去があるのです。
 さらに英語の助動詞の中でmustだけは過去形がありません。実はmustは昔motanという動詞の過去形mosteに由来しています。つまり、もともと過去形の動詞なのでさらに過去形にすることはできないのです。きちんと規則があるように思える英語も、よく見ると「なぜ?」と思う不規則なものがたくさんあることがわかります。

「なぜ」を考えると、より理解できる

 このように英語は世の中の動きを反映してできあがっています。昔や現在の英語がどういう特徴を持っているのか、昔はどういう語順のパターンが多かったのか、歴史の流れの中でどう変化してきたかなどを分析し、結論を導き出すのが「英語学」「英語史」の面白さです。単語や文法をただ暗記するだけではなく、「なぜそうなるのだろう」という疑問を持つと、英語がどういう言語なのかをより深く知るきっかけになります。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 英語学、英語史

中京大学
国際学部 言語文化学科 ※2020年4月設置予定(届出手続中) 准教授
松元 洋介 先生

メッセージ

 英語は、教科書だけではなく、歌や映画など、身近なところにあふれています。好きな歌手や俳優の英語をまねしてみると、ちょっと上達するかもしれません。
 また英語を勉強していて疑問に思ったことはありませんか?なぜmanの複数形は、mansじゃなくてmenなのか、なぜmustには過去形がないのか、実は単語1つにも原因と結果という論理(ロジック)があるのです。そのような疑問は、英語を深く理解するのに大事なものです。ぜひ英語を専門的に学び、疑問点を見つけて解決する能力を養いましょう。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃は英語が得意で、将来は高校か中学校の英語の先生になるのだろうと漠然と考えていました。大学の英語学の講義で、専門書を読んで意見をぶつけ合う体験をし、英語研究の面白さを知りました。そして英語には、発音とつづりはなぜ一致しないのか、助動詞mustにはなぜ過去形がないのか、といった不思議な点が多いことに気づきました。こうした興味から、英文法の成り立ちなどを探究する英語学にもっと関わりたいと思うようになったのです。現在は、英語がたどってきた歴史を追いながら、その本質を解き明かす研究をしています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

中学校・高等学校教員(英語)/学習塾講師/キャビンアテンダント/教育委員会職員など

大学アイコン
松元 洋介 先生がいらっしゃる
中京大学に関心を持ったら

 7月20日(土)にポートメッセなごやで開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2019名古屋会場」で、松元洋介先生が【英語の歴史が解き明かす謎】というタイトルの講義ライブを11:50から実施!全部で206名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む145大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 https://yumenavi.nagoya(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる