夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09726

ウイルスは生態系の一員として欠かせない存在だった!?

海の中にもウイルスがいっぱい!

 ウイルスというと、まず連想するのは「病気を起こす『悪い』ウイルス」でしょう。でも、地球上には、そうでない『良いウイルス』たちもたくさんいます。
 例えば海に目を向けてみましょう。スプーン1杯の海水、その中には、数千万個を超える膨大な数のウイルス粒子が浮遊しています。それらの一部は、プランクトン細胞に吸着・侵入し、自身の設計図(DNAまたはRNA)を使って細胞を支配、やがて細胞内で大量の子孫ウイルスを増殖させます。

ウイルスが生きものではない理由

 DNAやRNAを持つ、増殖もする、でもウイルスは生物ではありません。普通の生物は、栄養を取り込み、分裂により増殖します。一方、ウイルスの場合、感染可能な相手(宿主)がいない限り、増殖することはできません。ウイルス表面の「鍵」分子と宿主表面の「鍵穴」分子が合ったときにだけ、ウイルスは自身の設計図を細胞内に侵入させ、細胞をウイルス量産工場へと変化させるのです。

良いウイルスとの共存が生命を豊かにしてきた

 ウイルスは宿主を殺す、宿主はウイルスを増やす、もしそれだけの関係だったら、宿主は死に絶え、ウイルス複製の場はなくなってしまうはずです。でも実際は違います。ウイルスと宿主が平和的に共存している例はごく普通にあちこちでみられます。実際には、地球上の多種多様なウイルスの中で、「悪いウイルス」の占める割合は微々たるものに過ぎません。ほとんどのウイルスは、生態系の構成メンバーとしてその維持に関与し、人類に恩恵をもたらしてくれているのです。
 例えば、浅海域のプランクトンがウイルス感染で死滅しても、その死骸から放出される栄養分は新たな植物プランクトンの増殖に直ちに役立ちます。つまりウイルスは、貴重な栄養分を死細胞の形で深海底に沈ませることなく、浅海域生態系での食物連鎖サイクルにフィードバックしてくれているのです。こうしたウイルスの働きがなければ、食卓に豊かな海の幸が並ぶことはないでしょう。ウイルスにも大切な役割があるということです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 海洋ウイルス学

高知大学
農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生命科学コース 教授
長﨑 慶三 先生

メッセージ

 海洋生物の研究をめざすあなたへ5つのアドバイス。(1)数学・理科だけでなく、国語、英語、図工(&体力)が重要。読む力、書く力、伝える力を育てよう。(2)「謙虚な良い子」ではダメ。図々しく質問しよう。(3)アンテナを張って情報収集力を養おう。(4)人と交わり、人生を楽しむ勇気を持とう。(5)研究者の世界は出身大学名より「成果と能力」!
 そしてまた、音楽やスポーツなど、自分の趣味も大切にしてください。一生の宝物になります。
 いつかあなたと一緒に海洋ウイルスの研究ができる日が来ることを楽しみにしています。

大学アイコン
長﨑 慶三 先生がいらっしゃる
高知大学に関心を持ったら

 高知大学は、四国山地から南海トラフに至るまでの地球環境を眼下に収め「地域から世界へ、世界から地域へ」を標語に、現場主義の精神に立脚し、地域との協働を基盤とした、人と環境が調和のとれた安全・安心で持続可能な社会の構築を志向する総合大学として教育研究活動を展開しています。
 教養教育、専門教育、正課外教育やインターンシップを通じ「表現力」「プレゼンテーション能力」「コミュニケーション能力」「異文化理解能力」「情報活用能力」の5つの能力で社会の力になる21世紀の知識創造社会で活躍できる人材を輩出します。

TOPへもどる