夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.09534

『アエネーイス』がホメーロス作品の「パクリ?」なのに評価されたワケ

『平家物語』に通ずるホメーロスの作品

 古代ギリシアの詩人ホメーロスは、トロイア戦争を題材にした『イーリアス』と『オデュッセイア』を作り上げた人とされています。これらは「英雄叙事詩」と呼ばれ、古代ギリシア・ローマ時代を通じて最も尊重されたジャンルの作品です。「詩」といっても一万数千行にも及ぶ長編で、一定の規則のもとで一行ごとに変化が可能な韻律が用いられています。日本の古典で言えば、『平家物語』に近く、朗唱によるリズムと共に物語を味わうものでした。

ギリシアとラテンの両方を学ぶ理由

 やがてギリシアはローマ帝国に支配されますが、文化的にはむしろ逆で、ラテン文学はギリシア文学の圧倒的な影響下に置かれます。例えばウェルギリウスの『アエネーイス』は、ホメーロスの両作品と同じトロイア戦争を背景に、同じ韻律で書かれていて、類似した場面や表現も頻繁に現れます。しかし、その創作手法は決して「パクリ」などではなく、むしろ「創造的模倣」と呼ぶべきもので、作者は同じ英雄叙事詩の伝統の上に独自の革新の手を加えているのです。ギリシア・ローマの文学を一貫するこの伝統と革新の営みを正しく理解するには、ギリシアとラテンの両方を学ぶ必要があるのです。

『アエネーイス』はローマ建国の物語

 ホメーロスの作品と『アエネーイス』が異なるのは、トロイア戦争への視点です。『アエネーイス』はトロイアの英雄アエネーアースが祖国陥落の後に地中海世界を放浪しやがてイタリアに新しい都を建てる話なので、ローマ建国の物語にもなっています。これは読者であるローマ市民の自己肯定感を満足させるものでした。ウェルギリウスはまた、内乱から平和へと移行した同時代の歴史をも投影するような形で、ホメーロス的な神話伝説とローマの歴史とを融合させています。アエネーアースには内乱を終結させたアウグストゥスの姿が重ね合わされるのです。しかし、単にローマとその権力者をたたえるのではなく、新たな歴史を築いていく人間の苦難や悲劇も描き込まれた普遍的な物語になっているのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 西洋古典学

首都大学東京
人文社会学部 人文学科 教授
大芝 芳弘 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 もしあなたが「外国語は難しい」という印象を持っているなら、いっそのことギリシア語やラテン語を勉強してみるのはどうでしょう。意外にもフィットして、どんどん学びたくなるかもしれません。西洋古典の作品を原典で読めるようになると、見える世界が変わってきます。
 実は現代に伝わっている古典の作品は、何回となく書き写されてきたものであり、少しずつ言葉や内容が違っている場合も少なくないのです。本当に正しいものはどれなのか、作者はどういう思いで記したのか、じっくり向き合って考えることに価値を見出してください。

先生の学問へのきっかけ

 『平家物語』など日本の古典作品が好きだったため、大学では国文学を学ぼうと考えていました。しかし大学入学後、ふとしたきっかけから独学でラテン語の勉強を始めたのです。それが意外と面白く、西洋古典学の授業も楽しかったため、この先生のもとで学ぼうと決めました。もともとギリシア神話なども好きでしたから、性に合っていたのでしょう。大学院進学後の研究テーマにウェルギリウスを選んだのは、ラテン文学最大の詩人だったからで、腰を据えて作品に取り組んでみることにしました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学教員(准教授、非常勤講師)/タイヤメーカー一般職員/出版社編集員/塾講師

大学アイコン
大芝 芳弘 先生がいらっしゃる
首都大学東京に関心を持ったら

 東京都立大学(現首都大学東京)は「大都市における人間社会の理想像の追求」を使命とし、東京都が設置している公立の総合大学です。人文社会学部、法学部、経済経営学部、理学部、都市環境学部、システムデザイン学部、健康福祉学部の7学部23学科で広範な学問領域を網羅。学部、領域を越え自由に学ぶカリキュラムやインターンシップなどの特色あるプログラムや、各分野の高度な専門教育が、充実した環境の中で受けられます。

TOPへもどる